本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 電力小売自由化に便乗した勧誘に気をつけましょう!

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

電力小売自由化に便乗した勧誘に気をつけましょう!

平成28年4月1日から電力小売全面自由化が始まりました。

今まで、一般家庭向けの電力は東京電力など地域における電力会社から供給されていましたが、4月からは、各家庭で電力会社や料金メニュー等を自由に選択できるようになりました。

あわてて契約する必要はありません。

各家庭に合った多種多様なサービスの選択ができるようになる一方で、消費者自身で情報の収集と判断が必要となります。

内容をよく理解しないまま「安くなります!」という話だけで、あわてて契約してしまうとトラブルにつながる可能性がありますので、注意してください。

また、消費者庁には、電力小売自由化により新たな機器(太陽光パネル、電気温水器、蓄電池等)の購入についての相談が寄せられています。

電力小売自由化では、新たな機器を購入する必要はありません。必要性を検討し、しっかりチェックしてから契約してください。

クーリング・オフができる場合があります。

訪問販売・電話勧誘販売で新料金の申し込みをした場合、法定書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフができます。

契約トラブルやクーリング・オフなどで少しでも疑問に思った時は、消費者相談室へ相談ください。 

青梅市消費者相談室 TEL:0428-22-6000(相談専用)

相談受付時間:午前10時~正午、午後1時~4時 *毎月第2・4火曜日は午後6時まで受付

電力小売自由化についての参考ホームページ

経済産業省(資源エネルギー庁)ホームページ

経済産業省電力取引監視等委員会「小売全面自由化に関するQ&A」

電力小売自由化についての問合せ

経済産業省 専用ナビダイヤル TEL:0570-028-555(受付時間:平日9時~18時)

 

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課