本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 話を聞くだけのはずが美容施術を受け高額請求に!

ここから本文です。

更新日:2016年12月9日

話を聞くだけのはずが美容施術を受け高額請求に!

折り込み広告を見て美容医療クリニックに行ったら、その場で契約を迫られて施術も実施され、高額な請求を受けたという深刻なトラブルの相談が国民生活センター等に寄せられています。

60歳以上の女性を中心に、施術内容や費用、リスクについて、十分な説明がなく納得しないまま即日契約・即日施術をさせられてしまうケースが少なくありません。

《相談事例・70歳代、女性》

新聞の折り込み広告で、高齢者のアンチエイジング美容医療を宣伝するクリニックを知った。

「体に全く負担がない」「お気軽にご相談ください」と電話番号が記載されていた。電話をすると「相談だけで大丈夫。一度見せてほしい。」と言われ、クリニックに行った。

「お金がないから今すぐ契約する気はない」と伝えたが1時間以上にわたり勧誘され、契約しなければ帰れない雰囲気になった。

私が「ほうれい線が気になるが、私の年齢では施術は無理か。」と尋ねると、「うちは70~80 歳代の人が多い。ほうれい線なら注射で100 万円」と言うので、「そんなお金はない。」と答えると「預金はいくらあるのか?」、「今日は60 万円でやりましょう。」等言われた。

契約しないと帰れない、当初の半額程度になったので安くなったと思い、言われるまま即日施術してしまった。

アドバイス

自由診療が中心である美容医療では、施術費用は個々のクリニックで自由に設定できます。

しかし、料金の請求基準が不明であるもの、また施術費用をはっきり示さないまま、施術をされた後で高額請求された例等、費用に関するトラブルが目立ちます。

「簡単にきれいになれる。」とうたう広告をうのみにしてはいけません。広告の情報だけに頼らず、料金やリスク等の情報収集をしましょう。

また、想定した金額より高額な料金を提示された場合には、契約しないことを伝え、特に、その場での施術を希望しない場合はきっぱりと断りましょう。

少しでも疑問や不安を感じたら、消費者相談室へご相談ください。(お電話でも来庁(市役所3階)でもお気軽にご相談ください。)


消費者相談室 ☎0428-22-6000(相談専用)

相談日時 月~金曜日(祝日、年末年始を除く) 午前10時~正午、午後1時~4時

毎月第2・4火曜日は午後6時まで受付

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課