本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 生活相談 > 青梅市消費者相談室へようこそ > 火災保険で自己負担なく屋根の修理ができる・・・?

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

火災保険で自己負担なく屋根の修理ができる・・・?

「家の被害調査をしている」等と訪問した業者から「火災保険で自己負担なく修理できる」と言われて修理工事の契約をしてしまった等の相談が消費者相談室に多数寄せられています。

「火災保険が使える」と誘う住宅修理契約トラブルに注意しましょう。

《相談事例》

「近くで工事をしているから」と工事業者が来訪し、家を見て、「大雪のせいで雨どいが壊れているが、火災保険で自己負担なく修理できる」と言われた。

工事業者から火災保険の申請手続きの説明を受け、工事の見積もりを依頼した。

保険会社から届いた申請手続きの書類には、火災保険のトラブル事例の注意書きがあり、心配になって相談した。

《アドバイス》

電話や訪問で「火災保険で家の修理ができる。無料で申請等を手伝う」等と勧誘する住宅修理工事契約についての相談が増えています。

「契約にあたり、相場よりも高い工事費用が提示された」、「契約を解除しようとしたら、高い解約料を請求された」等の相談もあります。

自然災害による住宅の損傷も火災保険の補償対象になる場合がありますが、保険や工事のことを知らない消費者を狙った勧誘で、最終的に住宅修理工事契約を結ぶことを目的としていると思われます。

まずは、自分で損害保険会社や代理店に連絡し、保険金支払いの対象になるか、申請はどのように行うか等を確認しましょう。

また、工事を依頼する場合は、必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。わからないことがあれば納得できるまで確認する、家族に相談するなど、すぐに契約しないようにしましょう。

少しでも疑問や不安を感じたら、消費者相談室へご相談ください。

 

問い合わせ

部署名:生活安全部市民安全課