本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 選挙 > 平成31年4月21日執行青梅市議会議員選挙について

ここから本文です。

更新日:2019年2月13日

平成31年4月21日執行青梅市議会議員選挙について

立候補予定者説明会の開催について(終了しました)

市選挙管理委員会では平成31年4月21日に執行される青梅市議会議員選挙の立候補予定者への説明会を行います。立候補予定者および関係者は、必ずご出席ください。
なお、出席できる人数は立候補予定者1人につき2人(立候補予定者を含む。)までです。

  • 日時 平成31年2月14日(木曜日)午前10時から
  • 会場 市役所2階204~206会議室

setumeikaibsyuusei

投票日等について

  • 告示日 平成31年4月14日(日曜日)
  • 投票日時 平成31年4月21日(日曜日) 午前7時~午後8時
  • 開票時間および場所 午後9時から総合体育館で行います。

市では、4月21日に市議会議員選挙が行われます。選挙はわたしたちが直接政治に参加できる絶好の機会です。青梅がより一層住みよいまちとなるよう、皆さんの投票をお願いします。

sigisenbsyuusei

選挙運動等について

後援会活動と事前運動

市内に「〇〇〇後援会」というような看板が見られます。候補者等(現職・立候補予定者)の後援会活動には候補者等自身の活動に対するものと同様に、制限があります。
候補者等の政治上の主義・施策を支持したり、推薦するために後援会を結成、会員の募集・会合等を行うことは差し支えありませんが、有権者から投票を得る目的で行ったものと認められるときは、事前運動禁止等の違反となります。

選挙運動の制限

選挙運動は当選を目的として候補者の政見や人物を有権者に十分知らせるための運動で、自由に行うことが理想ですが、完全に自由にしてしまうと資金に恵まれた候補者が有利となり、真に有権者の意志を代表する人々が選ばれないというおそれがあります。
そこで、公職選挙法では、誰でも平等に運動ができるよう一定の制限を加えています。選挙の種類により多少の違いや例外がありますが、次のような制限や禁止事項があります。

制限・禁止事項

  • 選挙運動費用の制限
  • 事前運動と選挙当日の選挙運動の禁止
  • 戸別訪問の禁止
  • 講演会・連呼行為の制限
  • 飲食物提供の禁止
  • 文書図画の頒布・掲示の制限
  • 自動車や拡声器の使用制限
  • 選挙事務関係者や公務員、18歳未満の者の選挙運動の禁止

期間 選挙期日の告示日に立候補の届出を済ませてから投票日の前日まで

  • 選挙後のあいさつ行為も制限されています。

掲示が禁止されている政治活動用ポスター

市議会議員選挙の立候補予定者の個人ポスターは、任期満了日の6か月前から掲示が禁止されています。また、それ以外のポスターであっても、ベニヤ板等で裏打ちされたものは常に掲示が禁止されています。

選挙運動費用の公費負担

市議会議員選挙では、選挙運動用自動車や選挙運動に使用するハガキ、選挙運動用ビラ、選挙運動用ポスターの作成の費用を市が負担します。

  • これらの公費負担を受けるためには、供託物が没収されないことや一定の手続きが必要です。

政治家(後援団体)の寄附は禁止

~贈らない・求めない・受け取らない~

政治家や候補者が、選挙区内の人にお金や物を贈ることは法律で禁止されています。また、地域の行事やスポーツ大会などを行う際に、有権者が政治家や候補者に寄附や差し入れを求めることも禁止されています。

気をつけてください!後援団体に関する寄附

常に禁止されている寄附

  • 候補者等の後援団体による選挙区内の人に対する寄附(どのような名義でも寄附はできません。)

選挙期日前90日に当たる日から選挙期日に禁止される寄附など

  • 後援団体の総会、その他の集会(後援団体の結成大会を含む。)、または後援団体が行う見学・旅行、その他の行事に際して、その選挙区内の人に対する供応接待、金銭、記念品、その他の物品の供与
  • 候補者等による自分の後援会に対する寄附
  • 後援団体の設立目的により行う行事等への寄附(花輪、供花、香典、祝儀等を贈ることは常に禁止されています。) 
     migitekihu

若い方の投票に期待!選挙権を立派に行使しよう

平成29年10月22日に執行された衆議院(小選挙区選出)議員選挙の青梅市年代別投票率を見ると、特に21歳から29歳までの方の投票率が他の年代に比べ低くなっていることがわかります。
また、わたしたちの最も身近な選挙である市議会議員選挙の過去の投票率を見ると、だんだん低下していく傾向にあります。わたしたちは生活するうえで、さまざまな義務があると同時に、権利を主張できます。例えば、税金を納める義務があると同時に、その税金の額や使い道を決める代表者を選ぶ権利があり、その恩恵を受ける権利があります。
わが国の将来を背負っていかなければならない青年の皆さん、代表者を選ぶ権利である選挙権を棄権することなく立派に行使するようお願いします。
年代別太字

過去3回

問い合わせ

部署名:選挙管理委員会事務局