本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 窓口・税 > 住民登録・戸籍 > 印鑑登録・おうめ市民カード

ここから本文です。

印鑑登録・おうめ市民カード

印鑑登録

印鑑の登録をすると「おうめ市民カード」を交付します。この「おうめ市民カード」に暗証番号を登録すると、自動交付機が利用できます。

1 印鑑登録申請

【印鑑登録ができる方】

次の方は、1人1個に限り印鑑の登録ができます。

  • 青梅市の住民基本台帳に記録されている方  
    ※15歳未満の方、成年被後見人の方を除きます。

 

【登録できない印鑑】

  • 住民基本台帳に記録されている氏名、氏、名、外国人住民の方においては通称または住民票の備考欄に記録した氏名の片仮名表記を表していないもの
  • 職業、資格、模様その他氏名以外の事項を表しているもの
  • ゴム印、その他印材の変形しやすいもの
  • 印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの
  • 印影の大きさが一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの印影が不鮮明なもの、または文字の判読ができないもの
  • 印鑑の外わくがないもの
    ※その他不明な点は、お問い合わせください。

 

【申請に必要なもの(本人申請)】

  • 登録をする印鑑

 

<即日登録ができる場合>

次のいずれかに該当する場合は、即日登録ができます。

  1. 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等、本人の顔写真が付いた官公署が発行する有効期限内の書類を提示したとき。
  2. 東京都の市区町村で印鑑登録をしている方の保証書(印鑑登録申請書の保証書欄に保証人の署名、登録印の押印があるもの)の提出があったとき。(ただし、保証人が青梅市以外に住民登録をしている方の場合は、お住まいの市区町村発行の印鑑登録証明書の提出が必要です。)

 

 <本人申請の即日登録ができない場合>

<代理人による申請の場合>

申請の受付

照会書を本人宛てに郵送


回答書、申請者が本人であることを確認できる書類(健康保険被保険者証等)、印鑑(朱肉を使用するもの)を持参


印鑑の登録、「おうめ市民カード」の交付

【申請に必要なもの(代理人による申請)】

2 廃止申請

登録印の紛失や破損、おうめ市民カード(印鑑登録証)を紛失したときは、すみやかに届け出てください。

なお、転出届を受け付けたとき、氏や名等の変更により登録印と同一でなくなったときは、自動的に廃止となります。

【申請に必要なもの】

  • 印鑑(朱肉を使用するもの)
  • おうめ市民カードまたは印鑑登録証(亡失した場合を除く)
  • 申請者が本人であることを確認できる書類(運転免許証、健康保険被保険者証等)
  • 代理人が申請する場合は、本人が自署または記名・押印した代理権通知書

3 暗証番号登録

「おうめ市民カード」の交付を受けている方は、暗証番号を登録すると、自動交付機が利用できます。

また、「印鑑登録証」をお持ちの方は、「おうめ市民カード」への交換手続と併せて行うことができます。

【申請できる方】

  • 青梅市の住民基本台帳に記録されている方

   ※15歳未満の方、成年被後見人の方を除きます。
   ※代理人による申請はできません。

 

【申請に必要なもの】

4印鑑登録証明書

【申請に必要なもの】

おうめ市民カードまたは印鑑登録証

※代理人に委任する場合は、おうめ市民カードまたは印鑑登録証を預けてください。

【手数料】

1件につき300円 ※自動交付機は1件につき200円

※出張所・市民センターでも取得できる証明書の種類についてはこちらをご覧ください。

※申請書の様式はこちらをご覧ください。(PDF:31KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:市民部市民課 

住民記録係