本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 窓口・税 > 住民登録・戸籍 > 住民票の様式が変わります

ここから本文です。

更新日:2015年6月1日

住民票の様式が変わります

住民登録情報を管理する住民記録システムが5月7日から新しくなり、住民票の様式が変わります。
これまでの住民票は個人単位のものでしたが、新しい住民票は世帯単位で作成されるようになります。
新しい住民票の様式は、次のとおりです。

世帯票様式の住民票

新しい世帯票様式の住民票は、最新情報のみの証明となります。各項目についての変更履歴は記載されません。
住所履歴は一つ前の住所のみ記載され、それより前の履歴は記載されません。なお、世帯票様式の住民票には1枚に最大4人まで記載されるようになります。

個人票様式の住民票

各項目について最新の情報及び変更履歴、備考を証明する場合は今までどおり個人単位の住民票となります。

改製原住民票

住民記録システム更新に伴い、今までの住民票は改製原住民票となります。
平成27年5月6日以前の住所や氏名等における変更の履歴が必要な場合は、今までどおり個人単位の住民票で交付します。
また、改製原住民票は法律により改製日から5年間は保管することとされています。それ以降は交付できなくなりますので、ご注意ください。

その他

手数料は世帯票様式、個人票様式、改製原住民票ともに、それぞれ1通300円(郵送400円)です。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:市民部市民課