本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 市民活動 > 市民活動 > 協働にご協力ください > 協働って、たとえばこんなこと

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

協働って、たとえばこんなこと

市民・行政

青梅市は市民協働の取り組みをすすめています

市民協働ってなに?

『市民活動団体等』と『行政』がそれぞれの立場を理解し、対等性をもって尊重し合うとともに、それぞれの特性を生かし、役割分担を明確にしながら共通の目的を達成するために活動することです。

たとえばこんなこと~青梅市文化体験プログラム~

どんな目的?

子どもたちがさまざまな芸術文化に触れ、実際に体験することにより、芸術文化への興味や知識を深めることです。

陶芸教室の写真

陶芸教室

詩吟教室の写真

正しい発声で丹田を鍛える(詩吟)

どんな仲間?

青梅市教育委員会、陶芸連盟、吟詠連盟、子ども音楽連盟、日本棋院青梅支部、ステンドグラス工房エムエム、NPO法人 青梅こども未来で実行委員会を結成しました。

ミュージックベル教室の写真

ミュージックベルを楽しもう!

囲碁入門教室の写真

囲碁入門教室

どんなこと?

20年6月から21年2月、小学生から高校生を対象として、ミュージックベルや詩吟、囲碁、陶芸、ステンドグラスを使った工作、新たな切り口の書道などの芸術文化を体験できる6つのプログラムを企画・実施しました。

ステンドグラス教室の写真

ステンドグラスで作るクリスマスツリーとオーナメント

墨文字アート教室の写真

墨文字アート

役割分担は?

市…実行委員会の運営・庶務、広報、文化庁への補助金申請事務

各団体…プログラムの企画、当日の運営・指導

協働の効果は?

各団体の協力により、行政だけでは企画・実施が難しいさまざまな芸術文化を子どもたちに体験してもらい、情操・社会性を養うことができました。
また、子どもとおとなの世代間交流や市民活動団体の活躍の場を作ることができました。

問い合わせ

部署名:市民部市民活動推進課 

市民活動推進係