本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 事業者の方へ > 税金 > インターネットを利用した電子申告(eLTAX)について

ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

インターネットを利用した電子申告(eLTAX)について

eLTAX(エルタックス)について

青梅市では、事業所や会計事務所等を対象に、インターネットを利用した電子申告(eLTAX)の受付を行っています。

eLTAXとは

エルタックスの流れ

 

eLTAXは、地方税ポータルシステムを利用して地方税に関する手続きをインターネットを通じて広くご利用いただけるシステムです。

 

eLTAXをご利用いただければ、給与支払報告書の提出や法人市民税の申告等がインターネットを利用して簡単に行うことができますので、是非便利なeLTAXのご利用をご検討ください。

 

ご利用いただける手続き

税目

内容

個人住民税

「給与支払報告書」「特別徴収に係る給与所得者異動届」「普通徴収から特別徴収への切替届」「特別徴収義務者変更届」「退職所得に係る納入申告及び特別徴収票」の提出

法人市民税

「各種申告(確定申告、修正申告、予定申告、中間申告)」「法人設立・設置届」「異動届」の提出

固定資産税

固定資産税(償却資産)の申告

eLTAXのメリット

  • 時間・労力の効率化
    窓口へ直接申請されていた時間や手間を短縮することができます。
  • 経費節減
    インターネットを通じて申請するため、郵送費や窓口提出の際の交通費を節減することができます。
  • 複数の自治体への申告書提出の効率化
    作成した申告書等のデータを送信すると、ポータルセンターが提出先を判断し、それぞれの自治体へ送信するため、提出先が複数ある場合には事務作業の効率化を図ることができます。
  • 特別徴収税額通知データの提供
    給与支払報告書をeLTAXで提出いただいた場合、特別徴収の税額決定通知書をデータで提供することができます(必要な場合は事前にご連絡をお願いします。)。

参考

eLTAXまたは光ディスク等による給与支払報告書の提出について

平成30年度税制改正により、平成33年1月1日以降、前々年度の提出すべきであった給与支払報告書の枚数が100枚以上(現行1000枚以上)である場合は、eLTAXまたは光ディスク等による提出が必要になります。

なお、平成33年分については、平成31年の提出枚数が基準になるので御注意ください。

eltax_teisyutu_gimuzu

大法人の電子申告義務化について

eLTAXのご紹介

eLTAXを提供している一般社団法人地方税電子化協議会より、eLTAXの広報用動画が公開されています。eLTAXのPRや操作方法のほか、協議会のあらましについても紹介していますので、ご活用ください。

eLTAXご利用のための準備と手続き

eLTAXのご利用につきましては、パソコン環境、e-mailアドレス、電子証明書等の事前準備が必要となります。事前準備や利用届出、操作方法、その他eLTAXに関する詳細なお問い合わせにつきましては、「eLTAXホームページ」をご覧いただくか、「eLTAXヘルプデスク」へお問い合わせください。

  • eLTAXホームページ http://www.eltax.jp/(ここより先は青梅市のサイトではありません)
  • eLTAXヘルプデスク一般社団法人地方税電子化協議会
    受付時間 9時00分から17時00分(土日祝日・年末年始除く)
    TEL 0570-081459

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:市民部市民税課