本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 窓口・税 > 税金 > 市税の減免対象 > 主な市税と減免対象

ここから本文です。

更新日:2014年8月26日

主な市税と減免対象

税目

納税義務者

減免対象

市民税・都民税

毎年1月1日現在、市内に住所または事業所等がある方に対して、前年の1月から12月までの所得によって課税されます。

  1. 生活保護法の規定による保護を受ける場合
  2. 所得が皆無となり生活が著しく困難となった場合
  3. 災害により、次に該当することとなった場合
  • 死亡した場合
  • 生活保護法の規定による保護を受けることとなった場合
  • 身体障害者となった場合
  • 損害金額が住宅または家財の価格の10分の3以上で、前年所得額が1,000万円以下の場合

固定資産税・都市計画税

その年の1月1日現在の土地、家屋、償却資産の所有者に対して、物件の価額(評価額)によって課税されます。
※償却資産は固定資産税のみです。

  1. 生活保護法による生活扶助を受ける場合
  2. 災害等により固定資産の価値が著しく減じた場合  

    問い合わせ:総務部資産税課

軽自動車税

その年の4月1日現在の軽自動車(バイクを含む)の所有者に対して、課税されます。

軽自動車税の減免対象、その他詳細についてはこちらをご覧ください。

問い合わせ

部署名:総務部市民税課