本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 入湯税

ここから本文です。

更新日:2012年1月10日

入湯税

    青梅市では、平成21年4月1日から、鉱泉浴場に入湯される方に「入湯税」をご負担いただいています。

入湯税とは

  •     鉱泉浴場に入湯するお客様に納めていただく市税です。
  •     鉱泉浴場とは、温泉法に規定する泉水(特定の物質を含有しているもの)を利用する浴場です。

入湯税の税額は

    一人1日150円です(1泊2日の場合も150円です)。

 

入湯税が課税されない方は 

次に該当する方は、入湯税は課税されません

  1. 小学生以下の方
  2. 身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその方の介助のために同伴する方1人
  3. 学校の教育活動として宿泊行事に参加する方
  4. 日帰りの場合で、消費税を含む入湯料金が1,260円以下の鉱泉浴場に入湯する方(宿泊の場合は、料金にかかわらず課税されます) 

 

入湯税を納める方法は

  • 入湯料金や宿泊料金と一緒に、入湯施設または宿泊施設へお支払いいただきます。
  • 入浴施設または宿泊施設の経営者から、1ヵ月分の入湯税をまとめて青梅市へ納入していただきます。

 

入湯税の使われ方は

    市に納められた入湯税は、観光の振興、観光施設整備等に要する費用に充てさせていただきます。

 


問い合わせ

部署名:総務部市民税課