本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 都市間交流

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

都市間交流

姉妹都市ドイツ・ボッパルト市

ボッパルト市の紹介とさまざまな交流事業

 

ボッパルトの街並み
ボッパルトの街並み

姉妹都市コーナー
市役所2階〈姉妹都市コーナー〉

姉妹都市であるドイツ・ボッパルト市との交流について紹介します。

その他の国際交流

姉妹都市ボッパルト市との交流の他にも、国際交流を行っています。

ピュアラップ市青少年訪問団来青

青梅国際友好協会の招へいにより、アメリカ合衆国ワシントン州ピアース郡ピュアラップ市エメラルドリッジ高校から、カール・パックハーバー先生を団長とする10名の訪問団が青梅を訪れました。

ピュアラップ市青少年訪問団が来青しました

北京市との交流

毎年、青梅マラソンに北京市の市民ランナーが参加します。青梅市日本中国友好協会が中心となって受け入れを行っています。

  • 第52回青梅マラソン
    選手団の参加はありませんでした。
  • 第51回青梅マラソン
    選手2名(30km1名、10km1名)、引率3名の選手団が、平成29年2月19日に開催された大会に参加しました。
  • 第50回青梅マラソン
    選手団の参加はありませんでした。
  • 第49回青梅マラソン
    選手3名(30km3名)、引率3名の選手団が、平成27年2月15日に開催された大会に参加しました。
  • 第48回青梅マラソン
    選手4名(ジュニアロードレース4名)、引率3名の選手団が、平成26年2月16日に開催された大会に参加するため、来青しましたが、大会は大雪のため中止となりました。
  • 第47回青梅マラソン
    選手3名(30km1名、ジュニアロードレース2名)、引率1名の選手団が、平成25年2月17日に開催された大会に参加しました。
  • 第46回青梅マラソン
    選手4名(ジュニアレース4名)、引率2名の選手団が、平成24年2月19日に開催された大会に参加しました。
  • 第45回青梅マラソン
    選手4名(10km2名、ジュニアレース2名)、引率2名の選手団が、平成23年2月20日に開催された大会に参加しました。
  • 第44回青梅マラソン
    選手4名(10km4名)、引率2名の選手団が、第44回青梅マラソンのために来青しました。当日は、4人とも無事に完走しました。

国内都市との交流

杉並区との交流

平成21年5月21日、杉並区旧青梅寮の売買契約を契機に、これまでの歴史的な経過を踏まえ、青梅市および杉並区の様々な地域資源をお互いに活用できるようにすることにより、住民の生活に潤いを与え、また、それらを通じてお互いの地域の活性化に資するため、「青梅市及び杉並区の交流に関する協定」を締結し、交流事業を実施しています。

地方創生・交流自治体連携フォーラム

交流自治体の首長が集まり、地方創生に関する連携交流などについて討議するフォーラム会議に平成26年度から参加しています。
平成30年度のフォーラム会議は、5月12日(土曜日)に静岡県南伊豆町で開催され、副市長、企画部長、秘書広報課長が出席しました。

交流自治体:北海道名寄市、福島県南相馬市、福島県北塩原村、群馬県東吾妻町、東京都杉並区、新潟県小千谷市、山梨県忍野村、静岡県南伊豆町

青梅・南相馬スクラム支援子ども交流事業

青梅市は、東日本大震災で被災した南相馬市の支援に取り組む「自治体スクラム支援会議」に参加しています。
青梅市の地域資源を生かした独自の取組みとして、平成25年度から、福島県南相馬市の小学生を招待し、御岳山での市内小学生との交流を中心とした2泊3日の「夏休み青梅子ども体験塾」を実施しています。

平成30年度夏休み青梅子ども体験塾

これまでに実施した事業の様子

 

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課