本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > カヌースラローム競技 アンダー23およびジュニアの日本代表選手が市長を訪問します

ここから本文です。

更新日:2016年4月6日

カヌースラローム競技 アンダー23およびジュニアの日本代表選手が市長を訪問します

概要

4月3日に富山で行われたジャパンカップおよびNHK杯の結果により、青梅市在住の三島廉選手、瀧口将矢選手、武藤裕亮選手の3名が、アンダー23および全日本ジュニアの日本代表に選ばれました。

今回、7月にポーランドで開催される世界選手権大会への出場報告を、浜中市長に行います。

内容

  • 日時 4月7日(木曜日)午後2時
  • 場所 市長応接室(青梅市役所4階)
  • 世界選手権出場選手
    • 三島 廉(みしまれん) 選手(日本体育大学1年生)(アンダー23代表)
    • 瀧口 将矢(たきぐちまさや) 選手(青梅市立第二中学校3年)(全日本ジュニア代表)
    • 武藤 亮(むとうゆうすけ) 選手(青梅市立新町中学校3年)(全日本ジュニア代表)
  • 全日本ジュニアの代表枠は3名であり、滝口選手は、昨年、御岳渓谷で開催された2015日本カヌースラロームジュニア選手権で優勝しており、代表に選ばれていました。残りの2枠のうち1枠については、今回富山で行われた、ジャパンカップおよびNHK杯の結果により、武藤選手が選考されました。(3枠のうち2名が青梅市民)
  • また、三島選手も、今回富山で行われた、ジャパンカップおよびNHK杯の結果により、アンダー23の代表として選考されました。三島、瀧口、武藤の3選手は、7月にポーランドで開催される世界選手権大会に出場します。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課