本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 報道発表一覧 > 青梅市時間外勤務縮減プロジェクトチームによる時間外勤務縮減への取組について

ここから本文です。

更新日:2017年3月29日

青梅市時間外勤務縮減プロジェクトチームによる時間外勤務縮減への取組について

概要

職員の健康の保持増進および効率的な業務運営を推進することを目的に、職員課長をリーダーとして、職員課安全衛生係長をサブリーダーに、主任職以下11人の計13人による「青梅市職員時間外勤務縮減プロジェクトチーム」を平成29年2月7日に設置し、時間外勤務の縮減対策について検討した。

内容

平成29年3月中に2回、会議を開催し、時間外勤務の縮減対策について検討した内容は次のとおり。

  • 主な検討内容
    1. 時間外勤務の現状について
    2. 時間外勤務に対する課題について
    3. 時間外勤務縮減のための具体的な対策について
  • 検討結果を踏まえ、平成29年4月1日から、次の4つの時間外勤務の縮減に向けた対策を実施する。
    • 消灯時間を午後10時に設定する。
    • 消灯時間を設定し、職員の退庁を促す。
    • 土・日曜日、祝日における本庁舎内への入退庁を管理する。
    • 管理簿への記入を義務づけることで、土・日曜日、祝日に入退庁する職員の管理を更に徹底する。
  • その他の縮減対策としては、時間外勤務の申請における理由をより明確化することや、繁忙期においては、業務実態を踏まえ、必要に応じて臨時職員を活用する。

問い合わせ

部署名:総務部職員課