本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 報道発表一覧 > 昨年度のツキノワグマの捕獲について

ここから本文です。

更新日:2017年12月19日

昨年度のツキノワグマの捕獲について

  • 青梅市(以下「市」)は、鳥獣による生活環境への被害を防止するため、東京都から、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律にもとづき、ツキノワグマの捕獲許可を受け、公益社団法人東京都猟友会青梅地区(以下「猟友会」)会員を従事者として、追い払いまたは捕獲を行っています。
  • 今般、市は、昨年度、許可された頭数(1頭)を超えて捕獲(3頭)していたことを確認しましたので、お知らせします。

 

  • 概要
    • 市は、平成28年10月24日、東京都から生活環境への被害防止を目的として、ツキノワグマ1頭の捕獲許可を受け、猟友会の会員を従事者としていた。
    • 同年11月10日、猟友会は、市の要請を受け追い払いを実施し、市に対し、ツキノワグマ1頭を捕獲した旨報告した。
    • 市は、同日その旨東京都へ口頭で報告し、同年11月18日、東京都へ文書で報告した。
    • しかし、平成29年11月7日、東京都多摩環境事務所に対し、捕獲したのは1頭ではなく3頭である旨通報があったことを契機に、市が当時の状況について猟友会の関係者に事情を聴取し、平成28年11月10日に子グマ2頭の捕獲に関して事実関係を確認したことから、本日東京都へ報告書を提出した。

問い合わせ

部署名:まちづくり経済部農林課