本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 報道発表一覧 > 企画展「明治時代の青梅―近代化と人々の生活―」を開催します

ここから本文です。

更新日:2018年4月17日

企画展「明治時代の青梅―近代化と人々の生活―」を開催します 

平成30(2018)年は明治元(1868)年から満150年の年にあたります。

明治維新によって、長きにわたった江戸時代が終わり、近代化が進んだ明治時代は、まさに転換期、激動の時代でした。

今回の企画展では、市内に残された明治時代の資料を展示し、当時の人々のくらしや出来事について紹介します。

企画展「明治時代の青梅―近代化と人々の生活―」

  • 期間 平成30年4月24日(火曜日)~7月8日(日曜日)(月曜日は休館。4月30日(祝)は開館、5月1日(火曜日)は休館)
  • 会場 青梅市郷土博物館企画展示室
  • 主な展示資料
    • 金刀比羅神社扁額
    • 多摩銀行看板
    • 万年橋開通式招待状
    • 織物興業社株券証
    • 引札
    • 武蔵國御岳山全図

問い合わせ

部署名:教育部文化課