本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 報道発表一覧 > 全国高等学校定時制通信制体育大会第49回柔道大会の東京都代表選手が青梅市長へ表敬訪問します

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

全国高等学校定時制通信制体育大会第49回柔道大会の東京都代表選手が青梅市長へ表敬訪問します

平成30年8月5日に開催される全国高等学校定時制通信制体育大会第49回柔道大会に、青梅市在住で都立青梅総合高等学校定時制の生徒2名が、東京都代表として出場します。

勤労と勉学・スポーツを両立させ、全国大会に出場する選手に、浜中青梅市長から激励をします。

  • 表敬訪問日時 平成30年7月30日(月曜日) 午後4時30分
  • 表敬訪問会場 市長応接室(青梅市役所4階)
  • 出場選手
    • 都立青梅総合高等学校定時制1年 上原裕二選手 (59歳) 団体戦(2年連続)および個人戦(90kg級)
    • 都立青梅総合高等学校定時制3年 秋本健勝選手 (17歳) 団体戦(初出場)
  • その他
    • 大会は、平成30年8月5日(日曜日)の午前9時から、講道館大道場(文京区)にて開催されます。
    • 昨年度の大会では、東京チームは全国3位に入っています。
    • 東京チームは、今年こそは優勝という意気込みで稽古を積んでおり、上原・秋本両選手の活躍が期待されています。
    • また、両選手とも、決勝の舞台に立ちたいという思いで日々稽古に励んでいます。
    • なお、都立青梅総合高等学校定時制の生徒については、3年連続の全国大会への出場となります。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課