本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 報道発表一覧 > 起業家教育の利益の一部を寄付した青梅市立第三小学校へ礼状を授与します

ここから本文です。

更新日:2018年8月28日

起業家教育の利益の一部を寄付した青梅市立第三小学校へ礼状を授与します

青梅市立第三小学校は、平成27年度に経済産業省の起業家教育普及促進事業の起業家教育モデル授業校に選ばれて起業家教育に取り組み、それ以降、毎年度、5年生が起業し、会社経営、商品開発・販売を通して、チャレンジ精神や総合的な生きる力の育成に加え、青梅市への郷土愛を育んでおり、全国をリードする起業家教育を進めています。

平成29年度は、新たに地元企業ホットマンとタイアップして青梅ブランド商品のハンドタオルを開発、商品化し、市民の皆さんや青梅マラソンのランナー応援者に販売し、商品を完売しました。

年度末に会社を清算し、最終的に利益を上げることができ、幹部が中心となって利益の使い道を検討してきた結果、地元青梅を元気にしたいという思いと、起業家教育を応援してもらったお礼として、青梅市へ寄付をすることで社員の思いがまとまり、利益の一部を市へ寄付しました。

この寄付を受け、浜中市長、岡田教育長出席のもと、礼状の授与式を行います。

起業家教育利益の市への寄付に対する礼状の授与式

  • 日時 平成30年8月30日(木曜日) 午後4時30分から
  • 会場 青梅市役所3階教育委員会会議室
  • 出席者 浜中市長、岡田教育長、市立第三小学校長、模擬株式会社社長・副社長(児童)4人、担任教員3人
  • 市への寄付金額 利益の一部 30,000円

問い合わせ

部署名:教育部教育総務課