本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 報道発表一覧 > インドネシア2018アジアパラ競技大会 ゴールボール日本代表 若杉 遥選手の表敬訪問

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

インドネシア2018アジアパラ競技大会 ゴールボール日本代表 若杉 遥選手の表敬訪問

東京2020大会まで残り2年となり、世界大会は今後を占う重要な舞台であり、先日閉幕したアジア競技大会2018では、日本選手団が大活躍しました。

10月には、インドネシア2018アジアパラ競技大会が開会し、青梅市からは、ゴールボール日本代表に青梅市出身の若杉遥さんが選出されたことから、浜中青梅市長を表敬訪問します。

表敬訪問
  • 日時 平成30年9月14日(金曜日) 午後4時30分~午後5時
  • 会場 青梅市役所4階市長応接室
  • 訪問選手 女子 ゴールボール代表 若杉 遥(わかすぎ はるか)選手(ALSOK、23歳)
参考
  • インドネシア2018アジアパラ競技大会は、インドネシア・ジャカルタで開催、開会式は10月6日、閉会式は10月13日
  • ゴールボールは、10月7日から10月12日まで開催予定
  • 若杉選手は、2014年に開催された韓国・仁川(インチョン)大会でも日本代表に選出され、銅メダルを獲得

 

問い合わせ

部署名:経済スポーツ部オリンピック・パラリンピック担当