本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > おうめ子どもポータル > 給食センター > 給食ってどこからくるの?給食センターってどんなことをするの?

ここから本文です。

更新日:2015年11月20日

給食きゅうしょくってどこからくるの?給食きゅうしょくセンターってどんなことをするの?

みなさんが学校で食べている給食きゅうしょくはどこからきているのだろう?

青梅市おうめしでは藤橋ふじはし根ヶ布ねかぶにある二つの給食きゅうしょくセンターで毎日、おいしい給食きゅうしょくをつくっています。
給食きゅうしょくセンターは1日に市内25の小中学校へ合計約1万食以上をとどけるために、朝早くから仕事をしています。

給食きゅうしょくセンターは給食きゅうしょくをつくるだけ?

給食きゅうしょくセンターの仕事は給食きゅうしょくをつくることだけではありません。
みなさんの健康けんこうのためにむずかしい計算をして栄養えいようバランスの献立こんだてを考えたり、食中毒しょくちゅうどくなどが起こらないように日々ひび管理かんりを行っています。
ほかにもみなさんが健康けんこうに生活するために食べ物のことを教えたり、お正月料理しょうがつりょうり郷土料理きょうどりょうり、世界の食事を給食きゅうしょくにしていろんな文化を楽しく学べるようにしています。

これからもおいいしいといってもらえる給食きゅうしょくづくりをがんばるのでみなさんも給食きゅうしょくはのこさず食べてくださいね!

問い合わせ

部署名:教育部学校給食センター