本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > おうめ子どもポータル > 青梅市について知ろう > 青梅市っていつできたの?

ここから本文です。

更新日:2015年11月17日

青梅おうめ市っていつできたの?

いま、みなさんが住んでいる青梅おうめ市は1951(昭和26)年の4月に青梅おうめ町(いまの青梅おうめ地区周辺しゅうへん)、調布ちょうふ村(いまの長淵ながぶち河辺かべ地区周辺しゅうへん)、かすみ村(いまの大門・新町・今井いまい地区周辺しゅうへん)の3つの村がひとつになって全国で262番目、東京都で5番目の市として生まれました!
その4年後の1955(昭和30)年に吉野よしの村(いまの梅郷ばいごう地区周辺しゅうへん)、三田村(いまの沢井さわい地区周辺しゅうへん)、小曾木おそき村(いまの小曾木おそき地区周辺しゅうへん)、成木なりき村(いまの成木なりき地区周辺しゅうへん)をくわえていまの青梅おうめ市になりました。

2015年青梅市(PDF:267KB)

1951-55年青梅市(PDF:296KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課