本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 国際交流 > 友好のぶどう

ここから本文です。

更新日:2016年9月16日

友好のぶどう

ボッパルト市から友好の証として昭和54年(1979年)にぶどうの木が青梅市に贈られました。
この友好のぶどうは、毎年たくさんの実をつけ、おうめワイン「ボッパルトの雫」としてみなさんに愛されています。毎年8月下旬から9月中旬には、たくさんのぶどうを収穫しています。
また、平成20年(2008年)には、さらに100本のぶどうの苗木を頂き、1年間の検疫の後、検疫に合格した約50本を成木の畑に植えて、地元の農業振興会のご協力のもと育成しています。

友好のぶどうの育成・収穫

現在、ぶどうの苗は、福祉農園を中心に、自立センターの方々や関係者の協力で大切に育てられています。

おうめワイン「ボッパルトの雫」

毎年秋に収穫される友好のぶどうは、山梨県のワイン工場に送られ、おうめワイン「ボッパルトの雫」という白ワインになります。このワインは、例年1月下旬頃、市内の酒屋さんで販売されます。さわやかで口当たりが良いワインです。ぜひお試しください。

おうめワイン「ボッパルトの雫」販売について

おうめワイン「ボッパルトの雫」

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課