本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 福祉 > 障害者支援 > 障害者支援事業 > 中等度難聴児発達支援事業

ここから本文です。

更新日:2014年7月18日

中等度難聴児発達支援事業

身体障害者手帳(聴覚障害)の対象とならない中等度難聴児へ、補聴器購入の助成を行います。所得に応じて一部自己負担があります。

対象者

以下のすべてに該当する方。

  • 市内在住の18歳未満の児童
  • 身体障害者手帳(聴覚障害)の交付の対象とならない方
  • 両耳の聴力レベルがおおむね30デシベル以上であり、補聴器の装用により、言語の習得等の一定の効果が期待できると医師の判断を受けている方
  • 本人または世帯員の所得が所得制限内の方

申請方法

事前申請が必要になります。申請書・医師の意見書については所定の様式がありますので、まずは障がい者福祉課までご相談ください。

  • 青梅市中等度難聴児発達支援事業補聴器購入費給付申請書
  • 青梅市中等度難聴児発達支援事業補聴器購入費給付意見書
  • 意見書に基づいた、補聴器販売業者の作成した見積書

 

 

問い合わせ

部署名:健康福祉部障がい者福祉課