本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 福祉 > 障害者支援 > 難病患者の方へ > 難病等の方々が障害福祉サービス等を利用できるようになります

ここから本文です。

更新日:2015年7月22日

難病等の方々が障害福祉サービス等を利用できるようになります

平成25年4月1日から施行される、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)では、障害者の範囲に難病等の方々が新たに加わり、身体障害者手帳の所持の有無にかかわらず、必要と認められた障害福祉サービス等の利用が可能となります。

利用できるサービスは、障害福祉サービス、相談支援、補装具、地域生活支援事業、障害児通所支援、障害児入所支援などです。

※申請前に、障がい者福祉課の窓口にご相談ください。

対象者

対象疾病一覧は以下のとおり。

対象疾病一覧表(PDF:262KB)

 

手続き

対象疾患に罹患していることがわかる証明書(診断書又は特定疾患医療受給者証等)を持参の上、申請してください。

その後、障害程度区分の認定や支給認定等の手続きを経て、必要と認められたサービスを利用できることになります。

※対象疾患や利用されるサービスによって、診断書が必要になる場合もあります。申請前に、障がい者福祉課の窓口で相談のうえ、手続きを行ってください。

※下記の関連リンクもご参照ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:健康福祉部障がい者福祉課