本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 教育・スポーツ > スポーツ > アダプテッド・スポーツ

ここから本文です。

更新日:2017年9月15日

アダプテッド・スポーツ

アダプテッド・スポーツとは

障害者スポーツとは、障害があってもスポーツ活動ができるよう、障害に応じて競技規則や実施方法を変更したり、用具等を用いて障害を補ったりする工夫・適合・開発がされたスポーツのことを指します。そのためアダプテッド・スポーツとも言われます。当初は、医学的なリハビリテーションを目的として発展した側面もありますが、現在では、障害のある人のみならず、障害のない人も一緒に楽しむ場面がみられます。(東京都オリンピック・パラリンピック準備局内「スポーツTOKYOインフォメーション」のホームページより引用)

東京都の取り組みについて

東京都では、年齢、性別、そして障害の有無を問わず、誰もがスポーツに親しむ「スポーツ都市」を目指して、平成22年7月にスポーツ振興局を設置し、障害者スポーツもスポーツ行政として一体的に推進しています。

青梅市の取り組みについて

青梅市では、スポーツ推進計画を策定しており、障がい者のスポーツ活動の促進として、

障がいのある人やない人に関わらず、誰もが一緒に楽しむことができるスポーツの魅力を生かし、リハビリとしてだけでなく、娯楽や余暇活動としてスポーツを行える環境の整備充実を図ります。

また、様々な人々が障がい者スポーツへの理解を深められるよう広く意識啓発を図るとともに、障がいのある人とない人との“交流の場”としてスポーツに親しむことができる機会をつくり、障がい者スポーツを推進します。

【主な取組】

  • アダプテッドスポーツ体験
  • スポーツ推進委員の協力による「障がい者と家族のスポーツ大会」
  • ゴールボール大会および体験会
  • 広域的なボランティア団体の紹介や連携事業
  • 広域的なボランティア団体の紹介や連携
  • 健康センター糖尿病予防の会
  • 障がい者と家族のスポーツ大会
  • 青梅市障がい者サポートセンタースポーツ・レクリエーション教室

 

問い合わせ

部署名:市民部スポーツ推進課