本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > くらし・仕事・生活相談 > 浜中市長が、「ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除対策について」、農林水産大臣に要望してきました。

ここから本文です。

更新日:2016年4月19日

浜中市長が、「ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除対策について」、農林水産大臣に要望してきました。

要望内容

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)により青梅市内において多くの梅樹が伐採され、梅生産農家や観光事業者などに甚大な影響が出ている現状を伝え、平成28年度中の梅樹再植栽に向けた取り組みへの支援を要望いたしました。

要望行動の様子

  • 平成28年4月12日(火曜日)

農林水産大臣_要望

※ 当日は、井上信治衆議院議員も同席しました。

問い合わせ

部署名:まちづくり経済部梅の里再生担当