本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 行財政 > 市の財政 > 借金時計[臨時財政対策債を除いた場合]

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

青梅市の借金時計[臨時財政対策債を除いた場合]

臨時財政対策債を除いた場合の数字です。臨時財政対策債は、国からの地方交付税の代替財源として市債を発行するもので、返済額の100%が後年度の地方交付税で措置されるため、通常の市債とは異なります。


これまで借り入れた地方債の残高がどれくらいあるのか、時間あたりどれくらい変わっていくのかを「借金時計」でお知らせします。なお、借金時計は予算ベースで計算されております。
 

市債残高

 
 

本年度増減

 
 
本年度の増減は です。
 

表示形態を選択してください。
市債残高(公営企業会計含む全会計)
上記市民一人当たり
市債残高(一般会計)
上記市民一人当たり

※市民1人当たりの金額は平成29年3月1日現在の人口135,817人を基準に算定しています。


【参考】青梅市市債現在高[臨時財政対策債を除いた場合]

区分 総会計  
うち一般会計
平成28年度末残高(見込み) 39,054,186千円 13,048,342千円
平成29年度末残高(見込み) 37,336,059千円 11,979,309千円
増減額(見込み) △1,718,127千円 △1,069,033千円

問い合わせ

部署名:企画部財政課