本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 健康 > 健康管理 > 季節性インフルエンザの流行について

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

季節性インフルエンザの流行について

都内のインフルエンザ流行開始

都内のインフルエンザ定点医療機関からの第50週(12月11日から12月17日)の患者報告数が「流行注意報基準」を超え、インフルエンザの流行が広がっています。

流行注意報基準:感染症発生動向調査による定点報告において、10人/定点(週)を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を超えた場合としています。

季節性インフルエンザの基本情報

主な症状

38度以上の発熱、頭痛、せき、咽頭痛、鼻水、筋肉痛、関節痛

潜伏期間

潜伏期間:1~3日

主な流行期

冬期

予防方法

外出後の手洗い

適切な湿度(50~60%)の保持

十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

人混みや繁華街への外出を控える。

せき、くしゃみを他の人に向けて発しない。

せき、くしゃみが出る時はできるだけマスクをする。

gatyamuku(PDF:1,043KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:健康福祉部健康課