令和2年度を迎えて

校長 田中 明子

 吹上中学校長に就任して2年目を迎え、地域・保護者の皆様からいつも温かく、そして力強い御支援をいただいているからこそ、本校の教育活動が充実していることを実感いたしております。あらためて心より感謝申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症対策により、学校は3月上旬から臨時休校を余儀なくされ、また4月8日より休校延長となります。今までに経験したことがないことばかりでありますが、生徒の命を大切にすることを第一と考え、状況を判断し対応してまいります。

 3月は事態が刻々と変化をする中、約3週間の臨時休校を経て修了式と卒業式を行いました。卒業式の内容は短縮し、参列者も制限され、先輩を送り出すために準備をした在校生は参加ができませんでした。しかし、卒業生はこの状況を受け止め、厳粛な態度で式に臨み、立派な姿で卒業をしていきました。この厳しい状況の中でも困難を乗り越え、美しい所作とたくましく成長した姿に深く感動を覚えました。保護者・地域の皆様も急な変更にもかかわらず、卒業の門出を温かく祝ってくださいました。本当にありがとうございました。

 4月には新入生を迎え、今年度は1年生67名、2年生57名、3年生40名、全校生徒164名、教職員40名が吹上中チームとして一丸となり、スタートを切りました。

 入学式では、新入生は素晴らしい態度で式に臨みました。新入生の誓いの言葉は力強く希望に満ちて、在校生の歓迎の言葉は温かく新入生を支える頼もしさが伝わりました。これからの1か月は臨時休校になりますが、学校は工夫をして生徒とつながってまいります。

 本日、緊急事態宣言が発令され、学校は変化の激しい社会への対応に加え、今まで経験したことがない危機への対応を迫られています。課題は山積されていますが、この予測不能な社会を生き抜く力を生徒に育むことが学校の務めです。そして、生徒の成長は学校と保護者・地域の皆様が連携・協働して、さらに高まっていきます。生徒の健やかな成長のために、手を携え、この事態を乗り越えてまいりましょう。

 令和2年度もどうぞよろしくお願いいたします。