本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
多言語
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 市の紹介 > 青梅市親善大使「篠原ともえ」さん

ここから本文です。

更新日:2016年4月5日

青梅市親善大使「篠原ともえ」さん

青梅市親善大使に篠原ともえさんを任命しました

平成28年3月13日に、市内出身のタレントである篠原ともえさんを初代の青梅市親善大使に任命しました。

梅をあしらった振り袖に、梅の花の手作り髪飾りを身にまとい、任命式にお越しいただきました。任命式終了後には、初の活動として梅の里再生市民まつり開会式に出席し、「私なりのアイデアで、青梅に恩返ししたいと思っています。」とあいさつなさいました。

親善大使には今後、市の魅力をPRしていただきます。

篠原ともえ

  • 篠原さんの「ゆめ!うめ!おうめ!」の掛け声で記念撮影
    (左から浜中市長、篠原ともえさん、山本議長)

  • 篠原ともえさん青梅市親善大使任命式の様子

青梅市親善大使に篠原ともえさんを任命します

青梅市の魅力を市内外に広くPRしていただくため、平成28年3月13日(日曜日)に青梅市出身のタレントである篠原ともえさんを最初の青梅市親善大使として任命します。

親善大使には、今後、市の魅力発信、イメージアップ等を図るため、市内外における宣伝や各種公的行事への参加等の活動を行っていただきます。

また、同日の午前11時45分には、吉野梅郷で行われる梅の里再生市民まつりの開会式に出席します。

篠原ともえさんプロフィール

青梅市親善大使篠原ともえさん1979年3月29日生まれ、1995年16歳で歌手デビュー。タレント、衣装デザイナー、歌手、女優、ナレーター、ソングライター等幅広い活動を展開中。90年代、自身のアイディアによるデコラティブな“シノラーファッション”は一大ムーブメントとして大流行。大学でデザインを本格的に学び、本人のステージ衣装はデザイン、縫製を手がけている。2013年・松任谷由美コンサートツアーの衣装デザイナーに抜擢。2014年デザインアソシエーションNPO理事。同年内閣官房知的財産戦略・CJムーブメント推進会議メンバーに推薦され様々なアイディアを提案している。近年では天文を愛する“宙(そら)ガール”として学生時代の天文部の知識を生かし、プラネタリウムでの星空解説やライヴを開催。2011年には天文や宇宙の知識を問う「天文宇宙検定」3級に合格。現在、星ソムリエ受講生。

 

 

 

問い合わせ

部署名:企画部秘書広報課