本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > 市政 > 市長室

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

市長室

浜中市長皆さんこんにちは。

青梅市長の浜中啓一です。

青梅市のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

 

私たちのまち青梅市は、秩父多摩甲斐国立公園の玄関口に位置し、自然環境や文化財に恵まれた、人口13万6千人の都市です。

 

昨年は、青梅市にとってうれしいニュースがありました。平成21年の「ウメ輪紋ウイルス」の感染確認以来、市民の皆様をはじめ、関係者のご協力のもと、全市一丸となってウイルスの根絶と梅の里の再生・復興を目指し、取り組んでまいりました。その結果、国から一部地域での梅の再植栽が認められ、11月には、梅の公園で植樹式を行うことができ、まさに、「梅の里復興元年」とも呼ぶべき節目の年となりました。そして、本年3月には「梅まつり」を復活いたします。今後も、梅の里の再生に向け、引き続き全力で取り組んでまいります。

また、本年は、将来のまちづくりを見通した公共施設等の最適な配置を、長期的な視点で計画的に行うため「青梅市公共施設等総合管理計画」を策定し、併せて財政負担の軽減・平準化を目指してまいります。この他、このたび改訂した第6次青梅市総合長期計画を着実に推進して、「訪れたい、暮らしたい、住み続けたいまち青梅」の実現に取り組んでまいります。

市の活力を生むことの原点は、「地域資源を磨く」ということにつきるのではないかと思います。豊かな自然や伝統文化といった多くの地域資源を、ひとつひとつ磨き上げて光らせるということが、青梅市の活力を生む源になるのではないかと思っております。色々な角度から施策を具体的に一歩一歩前進させ、市民福祉の向上のために、なお一層努力をしてまいりますので、皆様のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。