ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 展覧会開催記録 > 展覧会予定 > (2021年4月10日~5月30日)特別展「明治水彩の隠れた巨匠-五百城文哉作品展」

本文

(2021年4月10日~5月30日)特別展「明治水彩の隠れた巨匠-五百城文哉作品展」

記事ID:0032198 更新日:2021年4月9日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

趣旨

 水戸市出身の五百城文哉(いおき・ぶんさい 1863~1906年)は、明治時代に活躍した洋画家です。その作風は文字通りの「写生」であり、丹念に描かれた風景画や植物画は、水彩画特有のみずみずしさを保ちつつも、見る者を圧倒するような、カラー写真を凌駕する出来映えを誇っています。
 本展は水戸市立博物館が所蔵する五百城の風景画と、同館に保管されている代表作である《高山植物写生図》(個人蔵)を、一堂に紹介する展覧会であり、本来は昨年4月に開催する予定でした。しかし、コロナウィルス感染拡大防止の観点から、やむなく中止に至り、今年は満を持しての開催となります。ちなみに、本格的な五百城文哉の作品展としては、都内で16年ぶりの開催となります(前回は2005年に東京ステーションギャラリーにて開催)。水彩画という新しいジャンルを切り開いた一人としても知られる、五百城の世界をお楽しみいただけましたら幸いです。

五百城文哉展バナー
五百城文哉作品展_リーフレット [PDFファイル/645KB]

基本情報

会期

2021年4月10日(土曜日)~5月30日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木曜日)

観覧料

大人700円(500円)、小・中学生300円(200円)カッコ内は20名以上の団体料金です。

  • 65歳以上の青梅市民で、住所・年齢が確認できる免許証・保険証などをご提示いただける方は無料です。
    ※複数名で来館された場合は、お一人ずつ証明が必要になります。
    ※条件が確認できないシルバーパス・診察券などは、証明としてはお使いいただけません。
  • 障害者手帳をご提示の方と付添の方1名は無料です。
  • 青梅市内の小・中学生は土曜日無料です。
  • 前期展観覧時の半券(招待券除く)持参により、後期展は大人300円、小・中学生100円でご観覧いただけます。
  • 青梅市吉川英治記念館との共通観覧券は本展覧会ではご利用いただけません。

協力

水戸市立博物館

出品作品

特別展「明治水彩の隠れた巨匠―五百城文哉作品展」作品目録 [PDFファイル/199KB]

展示作品紹介

五百城文哉《高山植物写生図 ハマギク》

五百城文哉《高山植物写生図 ハマギク》

五百城文哉《高山植物写生図 クルマユリ》

五百城文哉《高山植物写生図 クルマユリ》

五百城文哉《高山植物写生図 ムシャリンドウ》

五百城文哉《高山植物写生図 ムシャリンドウ》

五百城文哉《晃嶺群芳之図》

五百城文哉《晃嶺群芳之図》

五百城文哉《輪王寺四本龍寺三重塔(2)》

五百城文哉《輪王寺四本龍寺三重塔(2)》

五百城文哉《日光陽明門》

五百城文哉《日光陽明門》

大下藤次郎と三宅克己の作品展示について

五百城文哉と同時代に活躍した、水彩画家・大下藤次郎と三宅克己の作品を特別展示します。

大下藤次郎《万年橋》

大下藤次郎《万年橋》 (青梅市指定文化財)

会期中の関連イベント

奥多摩さんぽ~山野草見学&テラリウムづくり~

ネイチャーガイドの案内で、奥多摩にこの時期に自生する山野草を見学し、昼食後にテラリウム(ガラスの器に苔を入れたもの)づくりに挑戦します。

  • 日 時:Aコース:4月22日(木曜日)午前10時(集合)~午後3時30分解散)
        Bコース:5月15日(土曜日)午前10時(集合)~午後3時30分解散)
        *少雨決行、荒天中止
  • 集合解散場所:奥多摩駅
  • 定 員:各コースとも15人(先着順、定員になり次第終了)
  • 参 加 費:1人につき4,500円(料金にはガイド料、テラリウム体験料、保険料、企画手配料を含みます)
  • 募 集:4月1日(水曜日)午前9時より、下記の一般財団法人 おくたま地域振興財団ホームページにて受付開始
  • 持 ち 物:水筒、昼食、帽子、タオル、敷物など

 主催、申込先

一般財団法人 おくたま地域振興財団

〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川215-6

奥多摩町役場地下2階 電話:0428-83-8855(月~金曜日、午前9時~午後5時)

https://okutama-therapy.com/<外部リンク>

東京都知事登録旅行業 第2-6417号

館内イベントについて

新型コロナウィルス感染症対策のため、本展会期中の館内イベント(ギャラリーガイド等)の開催はございません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

Googleカレンダー<外部リンク>
Yahoo!カレンダー<外部リンク>

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?