ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 青梅市議会ホームページ > 意見書・決議結果一覧(平成28年市議会定例会平成29年2月定例議会 )

本文

記事ID:0050108 更新日:2021年10月1日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

意見書・決議結果一覧(平成28年市議会定例会平成29年2月定例議会 )

件名

上程年月日

提出先

審議結果

精神障害者も心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象とすることを求める意見書

29.3.22

東京都知事、東京都議会議長

29.3.22
全員賛成・可決

精神障害者も心身障害者医療費助成制度(マル障)の対象とすることを求める意見書

 現在、東京都の心身障害者医療費助成制度(マル障)では、身体障害者手帳1級または2級(一部内部障害については、3級含む)、愛の手帳1度または2度の知的障害の方が対象者で精神障害者は対象外とされている。
 精神障害者には自立支援医療(精神通院医療)および東京都医療費助成制度により精神障害および当該精神障害に起因して生じた病態に限定した通院のための医療費の負担軽減制度はあるものの、入院については対象外となるなど、精神障害者およびその家族にとっては、経済的に負担となっているのが現状である。
 障害者基本法の第2条では「障害者」を、身体障害者、知的障害者または精神障害者と定めており、精神障害者も他の障害者と同様に安心して医療を受け生活できるためにも、心身障害者医療費助成制度の対象となるよう求めるものである。
 なお、制度の拡充にあたっては東京都において財源を充分に確保するとともに、市区町村の事務負担の軽減を図られるよう併せて求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成29年3月22日

東京都青梅市議会

東京都知事 小池百合子 殿
東京都議会議長 川井しげお 殿