ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >   > ワクチン接種に関する基本的な情報

本文

記事ID:0031370 更新日:2021年6月3日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ワクチン接種に関する基本的な情報

ワクチンの情報は日々更新されています。

最新の情報をお伝えするために、国のホームページのリンクを活用しています。

最も基本的な事項

厚生労働省の「接種についてのお知らせ」<外部リンク>をご確認ください。

・薬事承認が済んでいるワクチンの接種回数は2回であること

・対象者は16歳以上の方であること

・年齢等による区分ごとに接種の開始時期が異なること

・住民票所在地以外での接種が認められるケースについて

・接種を受けるためには市から通知される「接種券」が必要であること

・接種費用は無料(公費)であること

・接種は強制ではないこと

などが記載されています。

ワクチンの必要性

首相官邸の「新型コロナワクチンについて」<外部リンク>をご確認ください。

ワクチンを接種していただくことの意義などについて説明されています。

ワクチンの有効性と安全性

厚生労働省の「新型コロナワクチンの有効性・安全性について」<外部リンク>をご確認ください。

ワクチンは数種類の導入が予定されています。

薬事承認が済んだワクチンごとの有効性と安全性に関する情報を確認することができます。

ワクチン接種による健康被害が発生したら

一般的に、ワクチン接種では、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外にも、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じることがあります。

極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、救済制度が設けられています。

詳細は以下のページでご確認ください。

予防接種健康被害救済制度<外部リンク>

東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

接種後に医学的知見が必要となる専門相談は以下をご利用ください。

主なお問い合わせ内容:接種後に副反応の症状が見られる場合の医療職への相談等

電話番号:03-6258-5802

受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語・タガログ語・ネパール語・ビルマ語(ミャンマー語)・タイ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語

ワクチンの説明書

薬事承認が済んだワクチンの説明書は以下のとおりです。

接種を受ける前にあらかじめお読みください。

これらの説明書は各接種会場にも設置します。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製) [PDFファイル/791KB]

コロナワクチンナビ

コロナワクチンナビ<外部リンク>

接種会場の検索をすることができます。

64歳以下の方のうち接種時期が優遇される基礎疾患を有する方

以下の1または2に該当する64歳以下の方は、他の64歳以下の方よりも接種開始時期が優遇される可能性があります。

なお、接種券に同封されている予診票(接種直前に記入します。)に、「現在、何らかの病気にかかって、治療(投薬など)を受けていますか。」という項目があります。

それに該当する方は、その次の「その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいと言われましたか。」の項目にも答える必要があります。

該当する方は、あらかじめこの予防接種を受けてよいか、主治医にご相談いただくことをおすすめします。

1. 以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

1. 慢性の呼吸器の病気

2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)

3. 慢性の腎臓病

4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)

5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病

6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)

7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)

8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)

11.染色体異常

12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

13.睡眠時無呼吸症候群

14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療

(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2. 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方

*BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg。

その他のQ&A

厚生労働省の「新型コロナワクチンについてのQ&A」<外部リンク>をご確認ください。

・ワクチンを受けられない方の対応

・ワクチンを受けるにあたり注意が必要な方の対応

・基礎疾患を有する方の対応

・妊娠中・授乳中の方の対応

・副反応に関すること

など、ご質問の多い事柄がまとまっています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?