ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >   > 新型コロナウイルスワクチンの廃棄について【お詫び】(令和3年7月8日)

本文

記事ID:0036523 更新日:2021年7月8日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

新型コロナウイルスワクチンの廃棄について【お詫び】(令和3年7月8日)

市のワクチン集団接種において未使用となった新型コロナウイルスワクチンを廃棄する事案が発生いたしました。

貴重なワクチンが廃棄になったことについて、お詫び申し上げます。

経緯

6月25日金曜日に住友金属鉱山アリーナ青梅(総合体育館)で実施した集団接種において、未使用となったワクチン(1バイアル、6回分)を入れたバイアルホルダーを移動用クーラーボックスに入れ、担当者が接種会場から持ち帰りましたが、バイアルホルダー内に残ワクチンを保管していることについて、ワクチン保管の担当者に伝達しておりませんでした。

翌6月26日土曜日にバイアルホルダーを使用するために確認したところ、常温状態のワクチン(1バイアル、6回分)を発見しました。

再発防止策

ワクチンの管理にあたり、在庫の状況や残数の把握を、複数の担当者がチェックを行うことについて、改めて周知を徹底いたしました。

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?