ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >   > 市外の高齢者施設等に勤務する市民の方は優先接種を受けられます

本文

記事ID:0036958 更新日:2021年7月16日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

市外の高齢者施設等に勤務する市民の方は優先接種を受けられます

高齢者施設等の従事者で、青梅市に住民票がある令和4年4月1日時点で16歳から59歳の方(昭和37年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた方)は、勤務先の高齢者施設等から発行された証明書の提出により青梅市の集団接種の優先予約が可能です。

手続きの方法

  1. お勤めの事業所で高齢者施設等従事者の「証明書」を作成してください。
  2. 青梅市健康センター(東青梅1-174-1)窓口で「接種券」と高齢者施設等従事者の「証明書」を提出してください。(窓口でコピーを取らせていただきます。)
  3. 申請をいただいた翌日正午から接種予約システムを利用した集団接種の予約が可能になります。(接種の予約はご自身でお取りください。)

高齢者施設等の従事者の定義

高齢者等が入所・居住する社会福祉施設等(介護保険施設、居住系介護サービス、高齢者が入所・居住する障害者施設・救護施設等)において、利用者に直接接する職員(市町村の判断により、一定の居宅サービス事業所等及び訪問系サービス事業所等の従事者も含まれる。)

新型コロナウイルスワクチン接種における高齢者施設等の範囲

【該当となる施設種別】
施設種別 施設種別ごとの例
介護保険施設 介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護介護老人保健施設・介護医療院
居住系介護サービス 特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護
老人福祉法による施設 養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム
高齢者住まい法による住宅 サービス付き高齢者向け住宅
生活保護法による保護施設 救護施設、更生施設、宿所提供施設
障害者総合支援法による障害者支援施設等 障害者支援施設、共同生活援助事業所、重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)、福祉ホーム
その他の社会福祉法等による施設 社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)、生活困窮者、ホームレス自立支援センター、生活困窮者一時宿泊施設、原子爆弾被爆者養護ホーム、生活支援ハウス、婦人保護施設、矯正施設(注記:患者が発生した場合の処遇に従事する職員に限る)、更生保護施設

居宅サービス・訪問系サービス

【該当となる施設種別】
施設種別 施設種別ごとの例
居宅サービス等(介護)の例

訪問介護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、居宅療養管理指導、通所介護、地域密着型通所介護、療養通所介護、認知症対応型通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、小規模多機能型居宅介護、福祉用具貸与、居宅介護支援

※各介護予防サービス及び介護予防・日常生活支援総合事業(指定サービス・介護予防ケアケアマネジメント)を含む。

訪問系サービス(障害)

居宅介護、重度訪問介護、行動援護、同行援護、重度障害等包括支援(訪問系サービス等を提供するもの)、自立生活援助、短期入所、生活介護、自立訓練(機能訓練・生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援(A型、B型)、就労定着支援、計画相談支援、地域以降支援、地域定着支援、

※地域支援事業(訪問入浴サービス、移動支援事業、意思疎通支援事業、専門性の高い意思疎通支援を行う者の派遣事業、地域活動支援センター、日中一時支援、盲人ホーム、生活訓練等、相談支援事業)を含む。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?