ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >   > 新型コロナウイルスワクチンの廃棄について【お詫び】(令和3年7月20日)

本文

記事ID:0037232 更新日:2021年7月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

新型コロナウイルスワクチンの廃棄について【お詫び】(令和3年7月20日)

新型コロナウイルスワクチンを廃棄する事案が発生いたしました。貴重なワクチンが廃棄になったことについて、お詫び申し上げます。

経緯

7月19日月曜日午後5時頃、翌日20日火曜日に使用するワクチンを解凍するため、担当者2名が、冷凍庫(ディープフリーザー)からワクチンを取り出し、冷蔵庫に移す作業を行った際、ワクチン1バイアル(6回分)が残されていることに気がつかず、放置してしまいました。

同日午後9時頃、別の担当者が冷凍庫近くに置かれていたワクチンの箱を確認したところ、ワクチン1バイアルを発見しました。

再発防止策

ワクチンの管理にあたっては、複数の担当者が数量等を入念に確認するとともに、空き箱等は所定の場所に整理するなど、改めて周知を徹底しました。

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?