ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >   > ゆめうめちゃん誕生!

本文

記事ID:0010626 更新日:2020年11月2日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ゆめうめちゃん誕生!

ゆめうめちゃん誕生ストーリー

「青梅市公式キャラクターゆめうめちゃん」がどのように生まれたかをご存知ですか?青梅市公式キャラクターゆめうめちゃんの画像

「青梅市の魅力を広く発信するため」に活躍している「ゆめうめちゃん」は、青梅市にとって重要な「願い」が込められて誕生しました。

そんなゆめうめちゃんの生い立ちをふるさと東京都青梅市の紹介と交えてお伝えします。

 

ゆめうめちゃんのふるさと東京都青梅市

東京都青梅市は、東京都の西北部、都心から西へ40~60キロメートル圏に位置し、秩父多摩甲斐国立公園の玄関口にある豊かな自然環境に恵まれた都市です。

全国で唯一「梅」の字が付く自治体であり、その自治体名の由来にも「梅の木」に関する言い伝えがあります。青梅市の西部地域では、初春になると様々な種類の梅の花が咲き誇り、青梅の春の風物詩として、市内のみならず市外からも多くの方が訪れていました。

梅の里再生・復興への願いを込めて

青梅市における「梅」は市の重要な地域資源でしたが、平成21年、市内において、日本で初めてウメ輪紋ウイルスの感染が確認され、国による緊急防除対策が行われた結果、市内全域で約4万本を超える梅樹等が伐採されました。以来、ウイルスの根絶と梅の里の再生・復興に向けて、取り組みを行っています。

梅の里植樹した梅の木の写真梅の里梅の実の写真

「青梅市公式キャラクターゆめうめちゃん」は、青梅市にとって重要な課題となった「梅の里の再生・復興」を進める中で、青梅市を再び「梅でいっぱいにする夢」を青梅市民と一緒に叶えるキャラクターとして、青梅市親善大使篠原ともえさんがデザインしてくれました。

青梅市の重要課題の解決への「願い」が込められたこのキャラクターは、青梅市にとっても重要な役割を果たしてくれることを期待し、梅の里再生・復興をはじめ、市の取り組みや魅力を多くの方に伝えるための市の公式キャラクターとして活躍してもらうことになりました。

青梅市公式キャラクターゆめうめちゃん誕生!青梅市公式キャラクターゆめうめちゃん原画

青梅市親善大使の篠原ともえさんがデザインしてくれたキャラクターは平成29年3月12日に開催された観梅市民祭り会場で正式に発表されました。手描きのイラストが発表された3月12日は、ゆめうめちゃんの誕生日となっています。

平成29年7月には、キャラクターの名称が決定しました。名称の決定は、青梅市民による公募で行われ、応募総数379点の中から、篠原ともえさんにもご協力をいただき、3人の方が応募してくれた「ゆめうめちゃん」に決定しました。

そして、現在、ゆめうめちゃんは市の魅力を多くの方に伝える役割を果たすため活動しています。

 

 

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?


青梅市公式キャラクターゆめうめちゃんラインスタンプ販売サイトへのリンク画像

ゆめうめちゃんのあゆみ

ふるさと納税サイトへのリンクバナー画像

青梅市公式キャラクターごみ分別チャットボットサイトへのリンクバナー

ゆめうめちゃん子育てアプリページへのリンクバナー画像