ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民安全部 > 市民安全課 > ヒロシマ親子派遣団員募集

本文

記事ID:0001036 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ヒロシマ親子派遣団員募集

青梅市は、昭和33年4月5日に世界連邦平和都市宣言を行い、今年で55周年になります。

市では、世界連邦平和都市宣言55周年を記念し、核兵器の恐ろしさ、戦争の悲惨さ、平和の尊さを感じてもらうため、小・中学生とその保護者を被爆地である広島に派遣し、その活動を広く市民に周知することにより、平和思想および世界連邦運動の普及を図ることを目的として、ヒロシマ親子派遣事業を実施いたします。

また本事業は、世界連邦宣言自治体協議会の世界連邦推進事業交付金の交付を受けて実施する事業です。

ヒロシマ親子派遣申し込みについて

派遣期間

平成25年8月5日月曜日~8月7日水曜日 2泊3日

主な滞在日程(予定)[PDFファイル/119KB]

応募資格

  • 青梅市在住の小学校5年生から中学校3年生の児童・生徒とその保護者で、平和や世界連邦活動に興味のある方。
    (ただし、保護者の不在やその他やむをえない事情がある場合は、同居する成人でも応募可能です)
  • 心身ともに健康で、協調性に富み、規律ある団体行動ができること。
  • 青梅市が実施する事前研修(4回)、および、事後研修(1回)にすべて参加できること。(事前研修を修了した方が正式に派遣団員となります。事前研修は、6月6日、6月16日、7月7日、7月28日、事後研修は、8月25日を予定しています。)
  • 派遣後にレポート(子800字・保護者1000字程度)を提出できること。

募集人員

3組6名(1家庭1組2名)

費用

派遣にかかる交通費(ただし最寄駅から東京駅までの往復運賃は自己負担)、宿泊費(朝食代含む)は市が負担します。
その他、昼食・夕食、フィールドワーク時の記念館等の入館料等は自己負担になります。

注意事項

  1. 個人情報は派遣目的のみ使用し、その他の目的には一切使用いたしません。
  2. 広報おうめ、市ホームページ等に氏名や顔写真が公表されます。

選考方法

作文

親子各自で作文テーマを1つ選択し、所定の原稿用紙に1000字程度の作文を作成してください。
(親子で別のテーマを選択してもかまいません)
作文テーマは下記の二つになります。

  • 戦争と平和
  • これからの平和について

作文は自筆に限ります。パソコン、ワープロ不可

面接

平成25年5月12日日曜日に市役所で親子面接を行います。
(各応募者の面接時間は別途連絡いたします)

申込方法

平成25年4月19日金曜日までに、募集要項を御一読の上、所定の申込書に御記入いただき、写真を申込書に添付し、作文と一緒に市役所4階秘書広報課広聴・国際交流担当まで直接持参、または郵送でお送りください(4月19日消印有効)

送付先・問合せ先

〒198-8701 東京都青梅市東青梅1-11-1
青梅市役所企画部秘書広報課広聴・国際交流担当

申込書

下記よりダウンロードし、御記入ください

原爆ドーム

問い合わせ

部署名:市民安全部市民安全課

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?