ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民安全部 > 市民安全課 > 「新型コロナウイルス感染症」に便乗した詐欺にご注意ください。

本文

記事ID:0028523 更新日:2020年12月22日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

「新型コロナウイルス感染症」に便乗した詐欺にご注意ください。

「新型コロナウイルス感染症」に便乗した詐欺にご注意ください。 

全国の消費生活センター等に、「新型コロナウイルス」の感染拡大に関連した相談や悪質な勧誘が発生しています。

・厚生労働省を装い、「費用を肩代わりするので検査を受けるように」「50万円の助成金を受けられる」と電話があった。

・市役所職員を名乗った不審な電話がかかってきた。・・「コロナウイルス対策で、マスクを配付している。ATMに向かうように」と言われた。

・「行政からの委託で消毒に行く」という電話がかかってきた。

・不審なマスク販売広告メールがスマートフォンに届いた。・・「マスクの注文を承りました。マスクを代引きで明日発送します。受け取らない場合は返信してください。」というメールが携帯電話に届いた。

・「新型コロナウイルス感染症予防で、マスクを無料送付しますので、確認をお願いします。」というURL付きのショートメールが届いた。

【アドバイス】

・行政機関の職員を名乗る怪しい電話や心当たりのない送信元からのメールやURL、SMSが届いても、反応しないようにしましょう。 ・新型コロナウイルスに便乗した悪質な勧誘を行う業者には耳を貸さないようにしましょう。               ・不審に思った場合やトラブルにあった場合は、一人で悩まず、警察や消費者相談室に相談しましょう。

*国民生活センター等発表資料

消費者相談室Tel22・6000(相談専用)
相談日時月~金曜日(祝日、年末年始を除く)
午前10時~正午、午後1時~4時
*毎月第2・4火曜日は午後6時まで受付

問い合わせ

部署名:市民安全部市民安全課

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?