ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 新型コロナウイルス感染症対策給付金担当 > 青梅市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給事業

本文

記事ID:0053885 更新日:2022年3月4日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

青梅市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給事業

青梅市住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金とは?  

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、すみやかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、令和3年度住民税非課税世帯等に対し、1世帯当たり10万円の現金を給付します。

支給対象者

令和3年12月10日時点で、市区町村の住民基本台帳に記録されている方であって、次に掲げる世帯の世帯主が支給対象者となります。

1.住民税非課税世帯

令和3年12月10日時点で青梅市に住民登録がある方で、かつ、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯。

(注意)住民税が課税されている方の扶養親族等のみからなる世帯は対象外です。

2.家計急変世帯

申請時点で青梅市に住民登録がある方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月から令和4年9月までの間に家計が急変し、世帯員全員のそれぞれの1年間の収入見込み額が、下表の住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯。

非課税相当参考額
家族構成

非課税相当限度額
(収入額ベース)

非課税相当限度額
(所得額ベース)
単身または扶養親族がいない場合 100.0万円 45.0万円
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合 156.0万円 101.0万円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 205.7万円 136.0万円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合 255.7万円 171.0万円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合 305.7万円 206.0万円
配偶者・扶養親族(計5名)を扶養している場合 355.7万円 241.0万円
     
障害者、寡婦(夫)、未成年、ひとり親の場合 204.3万円 135.0万円

※障害者、寡婦(夫)、未成年、ひとり親の場合で、上記金額を超える場合は扶養親族等の人数に応じた区分を適用します。

支給金額

支給対象となる世帯1世帯につき10万円

※1世帯1回限り。前記1と2の重複受給はできません。

支給方法

支給対象者(世帯主)本人名義の預金口座へ振り込みます。

申請方法

住民税非課税世帯の方

対象となる世帯には、青梅市から「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金確認書(以下「確認書」といいます。)」を令和4年1月21日(金曜日)に発送いたしました。
送付された確認書には、令和2年度に実施した特別定額給付金の際にお伺いした口座情報を記載してありますので、変更がないかご確認いただき、チェック項目にチェックを入れ、返信用封筒にて返送してください。

※確認書の記入漏れや添付書類不備のため手続きが中断している事象、また確認書に記載された口座が名義変更や解約等により振り込めない事象が発生しております。確認書返送前に、もう一度必ずご確認をお願いいたします。

家計急変世帯の方

申請書類は送付されませんので、お手数ですが以下の申請書類等からダウンロードし、必要書類を添付のうえ、郵送にて申請してください。

※ご自宅の環境により書式のダウンロードができない方は、新型コロナウイルス感染症対策給付金担当までご連絡ください。

令和3年1月2日以降青梅市に転入された世帯の方

基準日(令和3年12月10日)までに転入された方

青梅市に転入する直前の住所地に、令和3年1月1日時点で住民票があった方

青梅市において前住所地へ税情報の照会を行いました。確認が取れ次第、順次確認書を送付しておりますので、内容をご確認いただき返信用封筒にて返信してください。

令和3年1月2日以降青梅市に転入する前に数回転居された方

青梅市では令和3年1月1日時点の住民票所在自治体が把握できないため、確認書は送付されません。お手数ですが、令和3年1月1日時点で住民票があった自治体から令和3年度非課税証明書を世帯人数分取得のうえ、申請書と併せて郵送にて申請してください。

基準日(令和3年12月10日)に転出された方

前住所地または青梅市へ転出届の届出日と転出(異動)予定日により支給自治体が異なります。

前住所地の給付金担当部署または新型コロナウイルス感染症対策給付金担当までお問い合わせください。

確認書送付および申請書受付開始時期

非課税世帯に対する確認書の送付につきましては、令和4年1月21日(金曜日)に発送いたしました。
家計急変世帯の申請書受付開始時期は、令和4年1月24日(月曜日)以降受付を開始しております。

※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から、郵送による申請をお願いいたします。

(非課税世帯申請書および家計急変世帯申請書送付先)

〒198-8701 青梅市東青梅1-11-1

青梅市新型コロナウイルス感染症対策給付金担当宛

申請期限

住民税非課税世帯の方(市より確認書が送付された方)

令和4年4月30日(※郵送の場合は、当日消印有効)

家計急変世帯の方

令和4年9月30日(※郵送の場合は、当日消印有効)

振込時期

確認書および申請書を市が受け付けてから、内容を審査し給付可能であれば、約10日前後で指定の口座へ振り込みます。

※振り込みの当日までに支給決定通知書を送付いたします。

よくあるご質問

よくあるご質問についてまとめましたので、お問い合わせの前にご一読ください。

よくあるご質問はこちら→住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関するよくあるご質問 [PDFファイル/190KB]

申請書類等

非課税世帯で申請が必要な方

家計急変世帯の方

記入例

非課税世帯で申請が必要な方
家計急変世帯の方

次の方は、給付の対象とはなりません。

・対象となる方ご自身が住民税非課税であっても、住民税が課税されている方に税法上扶養されている場合。

・住民票上、単身世帯の方が確認書返送前に亡くなられた場合。

・(家計急変世帯)新型コロナウイルス感染症の影響ではなく、自己都合等により収入が減少した場合。

DV被害により青梅市に避難されている方へ

令和3年度住民税非課税世帯の方につきましては、本給付金の対象となります。給付金の支給を希望される方は、ご担当の女性相談員または新型コロナウイルス感染症対策給付金担当まで御相談ください。

「住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金」支給を装った詐欺に御注意ください!

「住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金」に関して、青梅市が、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすること手数料などの振り込みを求めることは、絶対にありません。
不審な電話がかかってきた場合はすぐに最寄りの警察署または青梅市新型コロナウイルス感染症対策給付金担当に御連絡ください。

≪内閣府≫制度に対するお問い合わせ

制度に対するお問い合わせにつきましては、内閣府コールセンターまたは内閣府ホームページにてご確認ください。

≪内閣府≫令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター

電話番号:0120-526-145

受付時間:午前9時から午後8時まで

内閣府ホームページ

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について→https://www5.cao.go.jp/keizai1/hikazei/index.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?