ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民安全部 > 市民活動推進課 > ワーク・ライフ・バランスとは?

本文

記事ID:0000541 更新日:2021年5月18日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ワーク・ライフ・バランスとは?

ワーク・ライフ・バランスとは「仕事と生活の調和」です。

老若男女誰もが、仕事、家庭生活、地域生活、個人の自己啓発など、様々な活動について、自ら希望するバランスで展開できる状態をいいます。

なぜ必要なの?

「仕事」は、日々の生活を支え、生きがいや喜びをもたらしてくれます。同時に、家事や育児、地域活動などの「生活」も日々の暮らしには、欠かせないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増します。

しかし、現実には、

  • 安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない、
  • 仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない、
  • 仕事と子育てや老後の介護との両立に悩む

など仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られます。

これらの状況が、働く人が将来への不安を抱えたり、豊かさを実感できない大きな要因として、社会の活力の低下や少子化の進行を引き起こしています。

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進が、充実した暮らしを実現するカギとなっています。

憲章と行動指針

国は、平成19年12月、仕事と生活の調和推進官民トップ会議において、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」および「仕事と生活の調和推進のための行動指針」を策定しました。憲章・行動指針には、社会全体で取り組むべき方向性や各主体の役割、目標などが示されています。

国のホームページには、仕事と生活の調和に関する情報が掲載されています。

内閣府 仕事と生活の調和推進室ホームページ<外部リンク>

カエル

企業が取り組むメリット

国の調査によると、企業の取組事例<外部リンク>から次のようなメリットが挙げられています。

  • 従業員の定着(離職率の低下)
  • 優秀な人材の確保
  • 従業員の満足度や仕事の意欲、企業ロイヤリティの向上
  • コスト削減
  • 生産性や売り上げの向上
  • 企業イメージや評価の向上

また、東京都のホームページでは、具体的な取組方策を提示した企業向けリーフレット「ワーク・ライフ・バランス実践プログラム」<外部リンク>を掲載しています。

市の取組

市では、男女平等情報紙に掲載したり、啓発講座を行っています。詳しくは広報おうめ等でお知らせしてまいります。ぜひご参加ください。

また、育児との両立支援事業として、ファミリー・サポート・センター事業を実施しています。

区市町村の情報

東京都のワーク・ライフ・バランス情報サイト「TOKYOライフ・ワーク・バランス」から、東京都・区市町村の情報がご覧いただけます。

青梅市の情報も掲載されています。(「支援情報」「区市町村」)

TOKYOワーク・ライフ・バランス<外部リンク>

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?