ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民部 > 収納課 > 不動産公売

本文

記事ID:0001319 更新日:2020年1月10日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

不動産公売

青梅市では、市税等の滞納処分として差し押さえた不動産の公売を行います。差し押さえは、市税等を滞納し督促をしても納付がない方に対して、公平負担の原則から財産の差し押さえをし、それでも納付が無い方に対しては、差し押さえた財産を売却し、滞納となっている市税等に充てるものです。今回の不動産公売は、東京都(都税事務所)および都区市町村との合同公売のため東京都庁で行ないます。

東京都主税局ホームページの公売情報は、こちら公売情報 | 東京都主税局<外部リンク>をご覧ください(必要な書式等も掲載しています。)。

物件一覧

(売却区分番号をクリックすると詳細が出ます)

売却区分番号

財産所在地

財産種別
(登記簿の表示による)

見積価額
(公売保証金)

備考

物件外観

第G2801号 [PDFファイル/396KB]

東京都青梅市河辺町8丁目3番20

<土地>

地目 畑

地積 165平方メートル

21,600,000円

(2,160,000円)

対象物件は、農地法の適用のある「農地」につき、買受適格証明書の提出を要す。

公売物件

公売の日時及び場所

公売の方法

期間入札

公売保証金提供期間

令和2年1月10日(金曜日)から同年2月7日(金曜日)

入札期間

入札場所

令和2年1月31日(金曜日)から同年2月7日(金曜日) 期間内必着

青梅市役所本庁舎1階 市民部収納課

開札日時

開札場所

令和2年2月12日(水曜日)午前10時00分

東京都庁第二本庁舎会議室 (東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)

最高価申込者決定日時

最高価申込者決定場所

令和2年2月12日(水曜日)午前10時10分

東京都庁第二本庁舎会議室 (東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)

売却決定日時

売却決定場所

令和2年2月19日(水曜日)午前10時00分

青梅市役所本庁舎1階 市民部収納課

代金納付期限

令和2年2月19日(水曜日)午後2時30分 (ただし、地方税法第19条の7第1項ただし書き、その他の規定に基づき滞納処分の続行の停止があった場合を除く)

入札手続きに関して

  1. 公売保証金の振り込み
    入札に参加するにあたって、公売財産に係る公売保証金の納付先として青梅市が指定した取扱金融機関の口座に振り込みにより公売保証金を提供してください。なお、振込手数料は入札参加者の負担になります。
    入札書等の書類送付先及び保証金振込口座情報 [PDFファイル/75KB]
    また、振り込みの際は、振込人の振込人名の先頭に、必ず公売財産の売却区分番号を記載してください。
    (例) 「G2800 青梅 太郎」 「2800 青梅 太郎」
    ※公売保証金提供期間内に指定口座への入金が完了している必要があり、期間内に入金の確認ができない場合には、入札は無効になります。
    ※公売保証金の振り込みについては、入札者が行う必要があります。公売保証金の振込人と入札者が異なる場合には、入札は無効になります。
    インターネットバンキングによる送金はご遠慮ください。必ず金融機関の窓口にて公売保証金の振り込みをお願いします。

  2. 公売保証金振込通知書の作成
    公売保証金の振り込み後、公売保証金を納付した際に金融機関で受け取った「振込金受取書」を、公売保証金振込通知書 [PDFファイル/84KB]に貼付し、割印をしてください。

  3. 公売保証金納付書兼返還請求書兼口座振替依頼書の作成
    公売保証金納付書兼返還請求書兼口座振替依頼書 [PDFファイル/61KB](以下、単に「公売保証金納付書」といいます。)の太枠内に必要事項を記入して、公売保証金納付書を作成してください。
    「公売保証金の返還請求者及び口座振替依頼者」欄には、必ず入札者の氏名を記載してください。
    公売保証金の返還を受ける際に使用する振込先金融機関欄には、青梅市公金収納取扱機関を記載してください。
    ※公売保証金納付書の下部にある「公売保証金領収書」については、公売保証金の入金を確認した後、入札者に郵送します。

  4. 公売保証金の充当申出書の作成
    必要事項を記入して、公売保証金の充当申出書 [PDFファイル/45KB]を作成してください。

  5. 入札書の作成
    入札書 [PDFファイル/87KB]は、所定の入札書に、売却区分番号を記載のうえ作成してください。
    入札書は、同一の売却区分番号について、2枚以上の入札書を提出することができません。この場合、提出した入札書の全てが無効になります。
    入札書を書き損じた場合、訂正・抹消をせず、新しい入札書を使用してください。入札価格を訂正したものは、無効として取り扱います。
    入札書に記入する住所・氏名は、住民登録上のもの(法人の場合は、商業登記簿上の所在地・名称)を記入してください。
    一度提出した入札書は、入札期間内であっても、引換え、変更および取消しをすることはできません。

  6. 代理人が入札する場合は委任状 [PDFファイル/57KB]が必要です。

  7. 共同入札をする場合は、その共同入札者の中から共同入札代表者を指名して、共同入札代表者の届出書兼持分内訳書 [PDFファイル/147KB]に、代表者名・共同入札者の持分・売却区分番号を記入し、連署・押印の上、入札書とともに入札してください。
    共同入札代表者の方が、その代理人に入札手続きを行わせる場合には、別途、共同入札代表者による委任状が必要です。
  8. 対象物件が農地のため、入札を行う前に青梅市農業委員会にて買受適格証明書の発行が必要になります。
    申請用紙は収納課窓口か下記からダウンロードしてください。
    申請は青梅市役所3階青梅市農業委員会になります。
    農地法第5条の競売(公売)に参加するための買受適格証明手続 [PDFファイル/57KB]
    農地法第5条の転用届出手続き(市街化区域) [PDFファイル/142KB]
    買受適格証明願 [PDFファイル/59KB] 
    ※「期日または期間」については、入札期間の令和2年1月31から2月7日までと記載してください。
    農地法第5条転用届出書(記入例) [PDFファイル/122KB]
    農地法第5条転用届出書 [PDFファイル/111KB]
    ※上記書類内において「譲渡人」については、公売のため単独申請になりますので空白でお願いします。
    ※その他、買受適格証明書についてご不明な場合は青梅市農業委員会にご確認ください。
  9. 入札書提出用封筒
    あらかじめ必要事項を記入した「入札書提出用封筒 [PDFファイル/88KB]」を、外側の実線に沿って切り取ってください。その後、切り取った用紙を封筒(長形3号など)に貼付して入札書提出用封筒を作成してください。
  10. 返信用封筒
    封筒(長形3号など)に、入札参加者の氏名または名称および送付先の住所を記載し、84円切手を貼付して、返信用封筒を作成してください。返信用封筒は、入札書提出用封筒の受領証および公売保証金領収証書を入札参加者に返送する際に使用します。
  11. 郵送用封筒
    封筒(角形2号など)の表面に「青梅市役所 市民部 収納課 徴収庶務係 公売担当 行」と記載し、裏面に提出を要する必要書類の一覧表を印字または貼付して、郵送用封筒を作成してください。
    サンプル例郵送用封筒 [PDFファイル/156KB] 
    ※郵送用封筒は、一般書留または簡易書留にしてください。
  12. 入札方法に関しましては、郵送のみ(期間内必着)となります。
公売における注意事項
  • 市は、公売財産についての瑕疵担保責任を負いません。
    入札に当たっては、あらかじめ公売財産の現地現況および登記簿等、「公売財産明細書」ならびに東京都庁のホームページの「入札について・入札される方に・公売の入札手順」(公売情報|東京都主税局<外部リンク>)を十分に確認の上、入札してください。
  • 「公売公告兼見積価額の公告」および「公売財産明細書」は、青梅市役所収納課窓口に写しを備え付けてありますのでご覧ください。
  • 公売公告に掲載されている公売財産は、入札直前までに中止する場合がありますので、入札前に公売中止の有無をお問い合わせください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?