ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境部 > 清掃リサイクル課 > ごみ収集作業員のマスク着用について

本文

記事ID:0034219 更新日:2021年5月11日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ごみ収集作業員のマスク着用について

  環境省および厚生労働省より、夏季の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあるため屋外で人と十分な距離が確保できる場合には、マスクを外すよう注意喚起が出ております。

 

 ごみ収集の現場においては、作業員は炎天下の中で作業を行い続けるため、特に熱中症のリスクが心配されます。

 そのため、収集作業員は状況に応じ、マスクを外してごみ収集作業を行う場合があります。

 また、のどの渇きを感じる前に、こまめな水分補給を行うことや、周囲の方との距離を十分にあけた上で、マスクを外して休憩する場合があります。

 

 市民の皆さんにおかれましては、このことにご理解いただきますとともに、収集作業中の作業員にお声掛けいただく際は、感染防止対策のため、2メートル以上の距離を確保してお声掛けください。

 

 直接お話をする際は十分な距離を確保し、マスクをしてお話しさせていただきます。

 

 今後も安全で安心したごみ収集業務が継続できるよう、一層のご理解とご協力をお願いいたします。

 

熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!(環境省・厚生労働省) [PDFファイル/573KB]

令和2年度の熱中症予防行動(環境省・厚生労働省) [PDFファイル/669KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?