ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 生活福祉課 > ひきこもり等支援事業

本文

記事ID:0036981 更新日:2022年12月23日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ひきこもり等支援事業

ひきこもりの方の自立支援

様々な事情によって就学や就労、友人・知人との交友など社会的な参加の場面がせばまり、長期にわたって家庭にとどまり続けるといういわゆるひきこもりの状態に陥ってしまっている本人やその家族に対して、相談や支援を行います。

ひきこもりに関する講演会

現在、ひきこもりに関する講演会の予定はありません。

ひきこもりの状態にある本人や家族のための相談会

専門の支援コーディネーターがご相談にのります。相談がはじめての方や、不安な方はこちらの厚生労働省の支援サイト<外部リンク>からひきこもり支援における相談について、詳細をご確認いただけます。

日時

令和5年1月12日(木曜日)、13日(金曜日)

1回目:午前9時から、2回目:午前10時30分から、3回目:午後1時10分から、4回目:午後2時40分から

※1家族様あたり80分まで

会場

青梅市役所内相談室

対象

ひきこもりのご家族および当事者

定員

各日ともに先着4組(※予約制)

その他

費用無料。専門的知識を持ち、経験豊かな相談員がご相談をお受けします。

申し込み

令和5年1月4日(水曜日)から、生活福祉課生活自立支援窓口(直通電話:0428-23-5888)にて受け付けます。

随時相談

上記相談会以外でも相談は随時受け付けています。対象者は、15歳以上(義務教育終了後)のご本人とご家族になります。(※ご家族のみの相談も可能です。)
専門的知識をもつNPO法人の相談員がご相談をお受けします。
費用無料。1回あたり80分以内。ご相談を希望される方は、生活自立支援窓口へお問い合わせください。

その他の相談支援事業

  • 厚生労働省:ひきこもりVOICE STATION<外部リンク>
    全国のひきこもり当事者・家族・支援者の声をみんなにシェアするWEBコミュニティー
  • 東京都:ひきこもりサポートネット<外部リンク>
    「東京都ひきこもりサポートネット」では、ひきこもりで悩んでいる本人や家族等からの電話やメール相談に加えて、ひきこもりの問題を抱えているご家庭を訪問し、相談に応じる訪問相談事業を行っています。
  • 東京都:若ナビ<外部リンク>
    18歳以上の若者を対象とした相談窓口で、電話やメールで相談を受け付けています。
  • 厚生労働省委託事業:地域若者サポートステーション<外部リンク>
    地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)では、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリア・コンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への職場体験などにより、就労に向けた支援を行っています。
Googleカレンダー<外部リンク>
Yahoo!カレンダー<外部リンク>

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?