ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 高齢者支援課 > 買物代行サービス事業の実施事業者を募集します

本文

記事ID:0023381 更新日:2020年8月20日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

買物代行サービス事業の実施事業者を募集します

市では、新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者等を対象とした食料品や日常生活用品等の買物を代行するサービスを開始するにあたり、以下のとおり事業者を募集します。

応募方法

募集期間

令和3年2月26日(金曜日)まで
※随時募集しています。

応募条件

応募できる事業者は、次の各号に掲げる要件をすべて満たすものとします。
1 青梅市内に事業所を有する個人事業主または法人であること。
ただし、介護保険サービス・障害福祉サービスを提供する事業者(青梅市介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱(平成29年4月1日実施)第12項の指定を受けている事業者を含む)については、市内に事業所を有しない者であっても募集の対象とします。
2 申請の時点において、市税を滞納していないこと。
3 公の秩序または善良の風俗に反する事業を行うものでないこと。
4 「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号)第2条各号に掲げる暴力団または暴力団員およびそれらの利益につながる活動を行うものでないこと。
5 破産手続開始、更生手続開始または再生手続開始の決定を受けて復権を得ないものであること。

応募の受付時間

午前8時30分から午後5時まで(ただし正午から午後1時までを除く。)

応募の受付場所

青梅市役所健康福祉部高齢者支援課地域支援係(本庁舎1階10B窓口)

提出書類

4 法人にあっては履歴事項全部証明書(登記簿謄本)
  個人にあっては個人事業開廃業等届出書の写し
5 会社概要またはこれに準ずるもの
6 定款またはこれに準ずるもの
※青梅市競争入札参加資格者名簿に登録されている者、小規模契約希望業者として登録されている者については、1~3のみ提出してください。

委託料

1回あたり4,000円となります。
内訳は市が3,700円、利用者が300円負担します。

なお、青梅市御岳山にお住まいの方に実施した場合は、下記項目に関する実費負担額を支払います。
 ケーブルカー運賃 実費相当額(1回につき1,130円以内)
 駐車料金 実費相当額(1回について1,500円以内)

契約書および仕様書について

契約関係書類

仕様について

事業内容

新型コロナウイルス感染症の影響により、外出することに不安を感じている高齢者・障害者・妊産婦の方を対象として、食品や日常生活用品などの生活していく上で必要な買い物を代行するサービスを実施します。

事業の流れ

事業者は、市が買物代行サービス利用券を交付した方に対して、以下の手順に沿って買物代行サービスを実施します。

1 利用券の送付
市は、10回分の買物サービス利用券と、実施事業者の一覧を対象者に送付します。

2 申込の受付
事業者は、電話またはFaxで買物代行サービス利用申込の受付を行います。
買物代行サービスの実施日は、申込日の翌日以降としますが、受付当日に買物代行サービスが実施できる場合は、この限りではありません。
受付の際は、利用者から、買い物に行く商店名、品名、数量、金額などについて、できるだけ詳しく聞き取りを行い、受付票を作成します。
購入する品物の確認は電話で行うこととしますが、利用者の状況によっては、利用者宅を訪問し、直接聞き取りを行うことも可能です。
買物の代金については、原則として立替えることとし、品物を引き渡す際に精算しますが、状況に応じて買物前に利用者から代金を受領することも可能です。

3 品物の購入
事業者は、受付時に作成した受付票の内容にもとづき、利用者が希望する商店に行き、依頼された品物を購入します。
運搬に必要となるバッグ等(冷蔵・冷凍品の運搬は、保冷バッグやクーラーボックス)については、事業者で用意して下さい。

4 品物の受け渡し・代金の精算
事業者は、購入した品物をその日のうちに利用者に届け、買物代金の精算を行い、利用者負担額300円の徴収を行います。

5 利用券の回収
利用券は、利用者から記名・押印をいただき、事業者が回収します。
利用券の半券は利用者負担金の領収書となっていますので、日付・事業者名を記入し利用者に渡します。

6 利用券および実績報告書の提出
毎月10日までに、前月分の利用券を取りまとめ、実績報告書とともに市へ提出します。利用券と実績報告書の確認後、委託料を支払います。

実施上の留意事項

1 購入できる品物は、原則として食料品、生活用品等の日常生活に必要なものとします。
2 品物を購入できる上限金額は、買物代行サービス1回の利用につき総額で1万円以内です。
3 買物ができる商店は、青梅市内の店舗とし、買物代行サービス1回の利用につき3か所までです。
4 買物代行サービスの提供時間は、午前9時から午後5時までです。ただし、事業者の定休日は除きます。
5 新型コロナウイルス感染症予防のため、マスクと手袋を着用してください。また、保冷バッグ等も1回の利用ごとにアルコール消毒を行ってください。
6 購入した品物のレシートは、事前に利用者からの了解を得たうえで、コピーや写真を撮り、保管してください。
7 移動中の事故や衛生管理等、安全面に十分に配慮し、万一事故等が発生した場合は、速やかに市へ報告してください。
8 「特定商取引に関する法律」に違反しないよう、違法・悪質な勧誘行為等を行わないでください。
9 個人情報は適切に取り扱ってください。

その他、買物代行サービス事業を行うにあたって留意すべき事項については、下記リンク先のQ&Aを参照して下さい。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?