ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康課 > 産後ケア事業

本文

記事ID:0011750 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

産後ケア事業

宿泊型が追加されました。

出産後、家族等の援助が受けられず支援を必要とするお母さんと赤ちゃんに対し、安心して育児に取り組めるように、心身のケアや育児に関する負担感の軽減が図れるようにサポートします。

内容

青梅市産後ケア事業に宿泊型が追加されました。

  • 宿泊型助産所に泊まり、お母さんの休息、身体的・精神的ケア、育児相談・指導、母乳相談・指導、乳房マッサージ、授乳介助、乳房のセルフケア、夜間対応、食事(昼・夕・朝食)などが受けられます。
  • 日帰り型(デイケア)助産院で心身のケア、育児の支援および休養の機会を助産院で受けられます。お母さんの休養・体力回復、心身のケア、赤ちゃんのケア(健康状態のチェック、体重・栄養のチェック)授乳指導、育児の指導、お母さんの食事
  • 訪問型事業:助産師が自宅に伺い、心身のケアや育児の支援などが受けられます。母体の休養と体力回復、心理的ケア、授乳指導、育児指導

実施場所

産後ケア事業

実施場所

宿泊型

宮岡助産所(昭島市)

日帰り型(デイケア)事業

訪問型事業

 

森田助産院(福生市)

村木助産院(青梅市)

宮岡助産所(昭島市)

 

対象

青梅市の産後ケア事業の対象者については、産後に心身の不調のある方、育児不安等があり、具体的な指導および助言の必要な方、家族等から十分な育児・家事等の支援が受けられない方となります。利用期間は産後4か月までです。

申込および利用料金(自己負担額)

青梅市産後ケア事業の申し込みは、子育て世代包括支援センター(健康センター内)Tel21-0770へお申し込みください。専門の母子保健コーディネーターが状況を伺ったうえで、利用の可否を判断します。利用期間は産後4か月までです。(土日祝日年末年始を除く。)

利用金額(自己負担額)
  • 宿泊型1回(1泊2日)6,000円
  • 日帰りデイケア1回3,000円
  • 訪問型事業1回1,000円

利用上限は、宿泊型、日帰り型と訪問型と合わせて5回(多胎の場合は7回)までです。

市民税非課税世帯及び生活保護世帯または、中国残留邦人は利用料金が免除されます。

対象以外の方については、直接実施機関にお問い合わせください。

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?