ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康課 > 新生児聴覚検査費助成制度

本文

記事ID:0002227 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

新生児聴覚検査費助成制度

青梅市では、新生児の聴覚障害の早期発見および早期療育を図るため、新生児聴覚検査を受ける新生児の保護者に対し、検査費の一部を助成します。

新生児聴覚検査受診票について

新生児聴覚検査受診票は、妊娠届を提出いただいた方に、母子健康手帳と一緒にお渡ししています。新生児聴覚検査は生まれてすぐ、赤ちゃんが眠っている間に聴覚障害の疑いがないかを調べる検査のことです。聴覚障害は早期に適切な支援を開始することでコミュニケーションの形成や言語発達等の面で大きな効果を得られ、早期発見が重要とされています。

対象者

青梅市内在住の平成31年4月1日以降出生の赤ちゃん

公費負担額

受診券を用いて都内契約医療機関で実施すると、3,000円を上限に費用が軽減されます。

利用方法

主治医と相談のうえ生後1か月頃までにご利用ください。(有効期限は50日に達する日まで)
対象になる方で都外の医療機関にて検査を行った方、転入等で受診券をお持ちでない方は健康センターまでお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?