ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康課 > 新型コロナウイルス感染症流行下の歯科受診

本文

記事ID:0026273 更新日:2020年10月16日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症流行下の歯科受診

新型コロナウイルス感染症が不安で歯科の受診をためらわれている方へ

 むし歯や歯周病が進行すると糖尿病などの生活習慣病の持病も悪化しやすく、新型コロナウイルスに感染した際に新型コロナウイルス感染症の症状も重症化し危険性が高まることが分かっています。

 適切な時期に、適切な治療や定期健診、歯の清掃を行うことは、新型コロナウイルス感染症への感染リスクを下げることにもつながります。

新しい生活様式の中でも、歯の治療と歯科健診は必要です。

御自身の健康と、新型コロナウイルス感染症対策のため、ぜひ、かかりつけの歯科医に相談し、感染防止対策をしてご受診ください。

みんなで安心マーク

日本歯科医師会では、感染防止対策を徹底している医療機関について、「みんなで安心マーク」を発行しています。受診の際には参考にしてください。

みんなで安心マーク

新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関 

みんなで安心マーク(日本歯科医師会ホームページ)<外部リンク>

青梅市における歯科健診の実施について

青梅市では、令和2年9月1月から11月30日まで青梅市歯科医師会の協力の下、今年度20歳、25歳、30歳、35歳、40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の誕生日を迎える方を対象にした成人歯科検診を、もしくは後期高齢者医療制度に加入されている方を対象にした後期高齢者歯科健康診査を実施しています。

実施医療機関等詳細は、次のページをご覧ください。

成人歯科検診

後期高齢者歯科健診

日本歯科医師会からのメッセージ

定期的な歯科診療の重要性については、日本歯科医師会から、以下のとおり見解が出されています。

新型コロナウイルス感染症における「予防的歯科診療」<外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に負けない口と歯の健康づくり<外部リンク>

接触確認アプリ(COCOA)の活用

歯科医療機関の受診および歯科健診の受診の際には、厚生労働省の提供する新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールにご協力ください。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)<外部リンク>

 

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?