ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 保育園・認定こども園・幼稚園 > 新型コロナウイルスと保育園の体制について(令和2年7月1日以降)

本文

記事ID:0019308 更新日:2020年6月26日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

新型コロナウイルスと保育園の体制について(令和2年7月1日以降)

通常保育への移行について

保護者の皆様におかれましては、これまで新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として、登園自粛にご協力いただき、感謝申し上げます。
これまで、通常保育を原則としながらも、家庭での保育が可能な世帯に対して登園自粛の協力をお願いしてきました。

その期間を令和2年6月30日までとし、令和2年7月1日からは、新しい生活様式の実践などにより通常の保育体制とします

なお、通常の保育体制となることから、これまで行ってきた登園自粛にともなう保育料の減額は行いませんのでご注意ください。

保護者の皆様へのお願い

保護者の皆様におかれましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策にご協力をいただき感謝申し上げます。
お預かりするお子様の安全と、保育園が継続的かつ安定的に開園し保育を行っていくために、今後も感染症防止対策として厚生労働省から示された新しい生活様式<外部リンク>や、東京都から示されたロードマップの新しい日常<外部リンク>を実践していただきますよう、ご協力をお願い申し上げます。

欠席の取り扱いについて

通常の保育体制に移行することから、長期間連続して欠席する場合退園の対象となる運用が再開されます。ご注意ください。

育児休業からの復帰が困難な保護者の方へ

 お子様が保育所等に入所した場合、通常職場への復帰が必要となりますが、「新型コロナウイルスによる育児休業延長を認めた勤務先からの証明書」(※1)を市へ提出いただくことで、一時的に復帰までの期間を延長できます。

  ※1 「新型コロナウイルスによる育児休業延長を認めた勤務先からの証明書」

      様式は問いませんが以下の内容を記載した証明

      (1)就労者名

      (2)会社の所在地・名称・印

      (3)「新型コロナウイルスによる育児休業延長であること」等の文言

      (4)育児休業延長期間

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?