ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 子ども家庭部 > 子ども家庭支援課 > こんにちは赤ちゃん事業

本文

記事ID:0000051 更新日:2020年6月9日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

こんにちは赤ちゃん事業

青梅市では、市内にお住まいの生後4か月までの赤ちゃんのいる全てのご家庭を対象に「こんにちは赤ちゃん事業」を実施しています。

この事業は、赤ちゃんのお生まれになったご家庭と地域社会をつなぐ第一歩として地域の民生・児童委員さんや子ども家庭支援課の職員が各ご家庭を訪問し、青梅市で実施している「子育て支援に関する事業」のお知らせと、「ブックスタート事業」による赤ちゃんに読み聞かせをするための絵本をお渡しする事業です。

本事業は、児童福祉法にもとづく乳児家庭全戸訪問事業として、実施している事業です。

参考こんにちは赤ちゃん訪問の根拠法令[PDFファイル/49KB]

 

訪問の内容

赤ちゃんの生れ月の2か月後に訪問させていただきますが、ご家庭訪問する際に、事前に「訪問のお知らせ」をいたします。訪問時に、「子育て支援ガイド」等の子育て支援施策の資料と「絵本」をお渡しして、保護者(父・母)の方から、子育ての状況を伺わせていただくものです。概ね10分程度の訪問となりますが、みなさまのご協力をお願いいたします。

なお、「訪問のお知らせ」に記載された訪問日程のご都合が悪い場合、日程変更が可能ですので、子ども家庭支援課支援係まで、ご連絡をお願いいたします。

赤ちゃん(女の子)

赤ちゃん訪問の状況

(単位:件、冊)

赤ちゃん対象年月 訪問対象数

民生・児童委員

訪問数

子ども家庭支援課

訪問対象数

絵本・ガイド

等配布数

転出等

平成29年2月~30年1月生

805件

736件

69件

792冊

13件

平成30年2月~31年1月生

657件

609件

48件

649冊

8件

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?